欧米では常識?日本にあった方法もあるの?ハイジニーナ脱毛とは
177views

欧米では常識?日本にあった方法もあるの?ハイジニーナ脱毛とは

アンダーヘアのお手入れ、どうしていますか?欧米ではハイジニーナ脱毛が常識です。近年は、美意識の高い日本人女性にもハイジニーナ脱毛は広がってきました。それでは、ハイジニーナ脱毛とはどんな脱毛でどんな種類があるのでしょうか。気になるハイジニーナ脱毛の本音でのお勧めをご紹介します。

アンダーヘアの各国事情

北米や南米では短く刈り込んだりツルツルにしている女性がほとんどです

アンダーヘアのお手入れはどうしていますか。日本など東アジアの女性はアンダーヘアは生やしておく人が多いのですが、北米や南米では短く刈り込んだりツルツルにしている女性がほとんどです。ヨーロッパは国によって生やす派と、全処理派に分かれているようです。

ですから、外国人の彼氏ができると、日本人のアンダーヘアは「汚い!」と敬遠されてしまうこともあります。

最近日本でも広がってきたハイジニーナ脱毛とは

国際化や女性の意識の変化に伴って、日本でもハイジニーナ脱毛をする美意識の高い女性が増えてきました。ハイジニーナ脱毛とは、欧米のセレブでは常識となった、アンダーヘア全ての脱毛です。

恥丘を前から見たVライン、アソコの周りのIライン、ケツ毛といわれているお尻の周りのOラインを全部ツルツルにしてしまいます。VIO脱毛とも言われています。

ハイジニーナ脱毛のメリット

最大のメリットは、どんな水着や下着を着ても、恥ずかしいハミ毛とは無縁になるということ

ハイジニーナ脱毛最大のメリットは、どんな水着や下着を着ても、恥ずかしいハミ毛とは無縁になるということです。
面倒なアンダーヘアのお手入れともお別れできます。

衛生面でも良いものです。とくに生理のときに血液がアンダーヘアにつくことでニオイやかぶれの原因となることは少なくありません。ハイジニーナ脱毛をすると生理のときの不快感もだいぶ減らせます。

ハイジニーナ脱毛のデメリット

ハイジニーナ脱毛のデメリットでまずあげられるのは、いわゆる「パイパン」になってしまうことです。日本ではまだアンダーヘアが全くないことに抵抗を持つ人の方が多いものです。

また、日本人には多い小陰唇の大きい人はハイジニーナ脱毛をすると「まるだし」になってしまいます。

そこで、厳密な意味でのハイジニーナ脱毛ではありませんが、日本でのハイジニーナ脱毛は少々アンダーヘアを残すケースが多数です。

その場合はデザインも重要になってきます。アンダーヘアの下部を小さな三角形に残すタイプが一番人気のようです。つづいて、大事なところの周りをI字型に残すタイプが人気です。後悔しないようによく考えて脱毛しましょう。

ハイジニーナ脱毛の方法

主な脱毛には医療機関で行う医療脱毛と、エステで行う光脱毛があります。
アンダーヘアの脱毛に適しているのはどちらなのでしょうか。

医療脱毛のメリットデメリット

医療脱毛は医療用のレーザーで脱毛を行います

医療脱毛は医療用のレーザーで脱毛を行います。メリットは脱毛効果が高く、再び生えてきにくく、永久脱毛が期待できることです。通う回数も少なくてすみます。医療機関で行うため、肌に負担がかかったときの対処も安心です。

デメリットは、1回あたりの費用が高いことと、痛いことがあげられます。デリケートゾーンの脱毛ですから、耐え切れないほど痛く、挫折してしまう人や光脱毛に切り替える人もいます。

エステ脱毛のメリットデメリット

エステ脱毛は光脱毛といって弱い光で行います

épilation / angelitamanchado https://www.flickr.com/photos/55829967@N07/5941713775/

エステ脱毛は光脱毛といって弱い光で行います。メリットは痛みが少ないことと、色素沈着などの副作用の危険性が小さいことです。1回あたりの費用も医療機関よりかなり安いです。

デメリットは人によっては抜けにくく、また生えてしまうことがあることです。また、期間や回数がかなりかかり、望みの形になるまでずっと通うことになります。医療機関ではないので万一の肌トラブルの対処もできません。

PR