食べるだけではありません!ココナッツオイルで足パックすれば美脚になれる
132views

食べるだけではありません!ココナッツオイルで足パックすれば美脚になれる

美容にいい食材として話題のココナッツオイルですが、ココナッツオイルは食べるだけではなく、なんとボディケアとして使用することができるスグレモノなのです!ココナッツオイルで足パックをすれば憧れのスベスベ美脚になれます!日焼けで出来たシミや、カサカサしたかかとにも効果があります。

ココナッツオイルってどんなものなの?

オリーブオイルよりすごい効能!

ココナッツオイルってどんなものなの?
ココナッツオイルは日本人にはなじみの少ないオイルかもしれません。ココナッツオイルはココナッツの実からできるオイルで、身体に吸収されやすく、肝臓での分解も早く、身体に溜まることもありません。また身体の体脂肪もココナッツオイルを摂取することによって減らしてくれる効果があるので、ダイエットに効果があるオイルとして、海外モデルに人気のあるオイルなのです!便秘や高血圧、糖尿病などにも効果があり、まさに食べる薬と言っても過言はありません。

ところで身体に塗っても大丈夫なの?

身体に塗っても大丈夫なの?
ココナッツオイルの健康パワーはよくわかりましたが、身体に塗っても大丈夫なのでしょうか?その答えは口に入れても大丈夫なものなのでOKです。日本ではココナッツオイルを使ったボディケアはあまり知られていませんが、海外では大昔からココナッツオイル入りの石鹸やボディオイルなどが使われ続けてきました。ココナッツ自体が紫外線の強い南の国で生息しているため、抗酸化作用や保湿効果があるので、このオイルを肌に塗れば、艶々の美肌になることができるのです。

ココナッツオイルで足パックをしてみませんか?

ココナッツオイルで足パックをしてみませんか?
ココナッツオイルをマッサージオイルとして使用することができます。ビタミンEが豊富に含まれているので、マッサージをすると肌が艶々になります。そこで日焼けをしやすい足もココナッツオイルでお手入れをしましょう。ココナッツオイルで足パックをすれば、日焼けでシミができた足や、かかとの黒ずみやカサカサの悩みもなくなります。

そのまま使用する方法!

ココナッツオイルをボディオイルとしてそのまま使う方法をご紹介します。まずオイルを掌に500円玉程度取り、両手でオイルをよく温めながら、足をマッサージしましょう。カサカサしたくるぶしやかかとも丁寧にマッサージすると、保湿効果で美脚になれます。

家庭にある小麦粉と混ぜれば手作りパック剤に!

家にある小麦粉とココナッツオイルを混ぜて、手作りのパック剤を作ってみましょう。小麦粉+ココナッツオイルで足パックをすれば、毛穴の汚れが落ち、毛穴からココナッツオイルのビタミンE成分が吸収されていくため、美しさに磨きをかけていくことができますよ。

作り方はとっても簡単

作り方はとっても簡単材料は、小麦粉と水が同量、ココナッツオイルが少量です。小麦粉に水を合わせよく混ぜます。そこへココナッツオイルを数滴たらしてさらに混ぜれば出来上がりです。小麦粉には、皮膚の毛穴に詰まった汚れを取り除いてくれる効果や、肌を弱酸性に保つ効果があります。ココナッツオイルには、保湿効果がありますので、この二つの組み合わせで、美脚を目指すことができます。

お風呂でパックしましょう

ココナッツオイルで足パックする時は、お風呂場で行った方が後片付けも簡単です。湯船にゆったり使った後で、水気をしっかり拭きとり、ココナッツオイルで足パックをおこないましょう。黒ずみがちな膝やかかとにも丁寧に塗りましょう。10分程度パックしたら、お湯で綺麗に洗い流せば完了です。週に一度繰り返せば、足がすべすべになりますよ。この手作りパック剤は足だけではなく、顔や身体にも使うことができます。

PR