むくみを取りながら指を細くするマッサージで白魚のような手になる方法
196views

むくみを取りながら指を細くするマッサージで白魚のような手になる方法

美しい手や指先を保つためには指を細くするマッサージがポイントです。 名刺交換や商品の受け渡しの時、ワイングラスを持つ時…手元は意外と他人に見られています。 指輪が食い込んでいるふっくらした指や、むくみが気になる方にお勧めのマッサージ方法をご紹介します。

毎日使っているのになぜか存在感が薄い指先

当たり前すぎて気づいていない指の存在

指は意外と放置されているパーツ家事や仕事、パソコンやスマホの操作など毎日使っている指ですが、肩や腰はマッサージするのに意外と放置されているパーツです。
いつも使っているだけに見落としがちで、あまりマッサージをしたことないという人も多いと思います。
実際は、足と同じようにむくみやすい部分で、体系に伴って指も太くなります。
あまり意識をしていない部分なだけに、気付いたら指輪が食い込んで見えたり、手がだるくなったりした時にようやく「手が疲れている、むくんでいる」と気付く程度です。

実は指もむくみやすいポイント

人間の体は水分でできているので、時間の経過とともに重力の影響で手や足先の末端に体内の水分が落ちていくことがむくみに繋がります。人間の血液は心臓から手先指先にかけて外側に向かって流れているので、代謝が悪いと末端まで血液が行き届かずに滞ってしまいます。
足のむくみと同様、手や指のむくみを解消するには適度な運動やマッサージが必要です。

手が綺麗な人は男女問わず好印象

女性から見ても美しい手や指先の女性は素敵ですよね。
いくら頑張ってネイルなどで美しく保っていても指がむくんでいるだけで、なんとなく綺麗に見えない時があります。血色が悪かったり、指に指輪が食い込んでいれば自分でも気になってしまいますよね。
指輪やネイルをしただけでは、洋服を着るように指をカバーすることが難しい部分なので、指を細くするマッサージはむくみを解消し、血色もよくなるので効果的です。

ちゃんとマッサージをして美しくしなやかな指へ

生活習慣のせいで指がねじれている!?

自然と内側にねじれてきているあまり知られていないかもしれませんが、日々生活している中で人間の体が自然と内側にねじれてきていることはご存知ですか?
実は、人は何か作業をするとき、例えばパソコンの操作中、ナイフとフォークでの食事中、洗い物をするとき、ペンを持つ指先など、ごく自然に無意識のうちに体の内側に向かって手が入り込んでいます。
パソコンの操作などで、長時間手や指を内側にねじっている姿勢のままでいると、気付かない間に癖になっていることがあります。

指のねじれ解消でむくみも解消

内側に向いている指のねじれはハンドマッサージで矯正することができます。
1本の指を手のひら全体で包むようにして掴み、ゆっくりと小指に向かって外側(手の甲側)にねじります。痛くなるほど強く引っ張ったりせず、「気持ちいい」と思う程度にとどめてください。
ねじれが解消されると、たまにパキッと骨が鳴ることもありますが、無理しないように続けてください。
手が疲れた時や、お風呂の中などでゆっくり行ってください。

お気に入りのハンドクリームでゆっくりマッサージ

左手の“甲”を上に向け、右手の親指が上にくるように左手の指を掴み、指の付け根から爪先へ押しながら滑らせ、爪先から付け根まで押し戻す作業を何度か繰り返します。上下が終わったら左右から掴んで同じように繰り返し、指全体をまんべんなくマッサージします。
全ての指が終わったら、手の甲の筋に沿って指の付け根から、手首に向かって血液を押し戻すようなイメージで親指の腹を使ってじっくり押し滑らせます。
ハンドクリームがあると滑りやすく、お肌のケアにもなります。

指を細くするマッサージが体全体のケアになる!

手を強くグーで握って、思いっきりパーで開くもっと手軽にむくみを解消したい場合は、手を強くグーで握って、思いっきりパーで開くだけの簡単な動作を10~20回程度繰り返すだけでも血流が良くなり、むくみの解消になります。
手や指先には、胃腸や自律神経を刺激するたくさんのツボがあり、指を細くするためのマッサージが手にある全てのツボを刺激してくれます。
冷えを取る効果もありますので、指痩せをしたい、むくみが気になる方は是非試してみて下さい。

PR