室内にいても危険!手の日焼けの効果的な対策方法と美白方法とは?
108views

室内にいても危険!手の日焼けの効果的な対策方法と美白方法とは?

手の日焼けを防いで美白をしたいと考えている女性達は多いです。顔だけではなく、手も日焼けしやすい箇所なので、上手に日焼け対策をすることが肝心です。手の日焼けを効果的に防いで日焼け対策をする方法について紹介をしています。

手の日焼けはしやすいの?

手の日焼け対策をしている人は少ない手の日焼けなのですが、顔の日焼け対策などをしている人は多い反面、手の日焼け対策をしている人は少ない様子。手の甲の日焼けは、シミになりやすいという特徴もあるので手の日焼けは防ぐようにした方が良いのです。ここでは、手の日焼けの効果的な対策方法について紹介をします。

室内でも窓に近い場所で作業をしないことが大切

日焼けは屋外で行うのが良いと考えている人達は少なくありません。しかし、日焼けは室内にいても窓の近くで作業をしていると手が日焼けしやすくなるのです。日の当たる台所で料理を作っていたりしている場合には注意が必要です。室内でも窓の近くで手作業などを行っていると、日焼けし、手のシミになったりしやすいのです。

日焼け止めを手の甲に塗るようにする

紫外線対策を行っている人のほとんどが、顔の日焼け対策で手はかなり少ないという統計が出ています。顔の日焼け止めを塗っている人は非常に多い反面、手の甲に日焼け止めを塗っている人は顔に塗っている人に比べて30%も少ないのです。手の甲の日焼け止めは、年中塗るようにすることが効果的な美白や日焼け対策方法と言えます。

日焼けしやすい季節は3月から9月の間

手の甲に日焼け止めをしっかりと塗ることが肝心年中、顔の紫外線対策だけではなく、手の甲に日焼け止めをしっかりと塗ることが肝心です。特に紫外線量が活発な時期としては、3月から9月の間となっています。他の時期にも、紫外線はあるのでしっかりと手の甲に日焼け止めを欠かさないようにすることが手の日焼けに効果的です。

手の甲の美白もしっかりと行うことが大事

手の甲を日焼け対策してさらに美白も行うならば、美白化粧品を使用するのも効果的な方法と言えます。手の甲の日焼け対策をするだけではなく、美白化粧品を毎日使うことで手の美白効果を高めることができるようになります。美白化粧品は、朝と夕方に毎日2回使用をするのが美白効果を高めるために効果的です。

美白化粧品はシミ予防にもなる

手の甲に美白化粧品を塗るようにすると、紫外線の影響で起こるシミを予防することもできるようになるのです。手の甲は、シミになったりシワになったりしやすい部分なのでしっかりと美白化粧品を塗ってシミ予防をすることが重要です。効果的な美白化粧品選びの方法なのですが、顔に塗っている美白化粧品が肌に馴染んでいて効果的だと感じたものを手にも塗るようにするのが良いでしょう。

肌のターンオーバーを促すのが効果的

肌のターンオーバーを促すのが効果的手の美白効果を高めるためには、肌のターンオーバーをしっかりと促すのが効果的です。紫外線による手のシミやシワは肌のターンオーバーを促すと効果的に予防をすることができるようになります。ターンオーバーを促す方法は、有酸素運動をしたり、水分補給をしっかりと行うようにしたり、ビタミン類を補給するようにするのが効果的と言えます。また、生活リズムを整えて睡眠をしっかりととるようにするとターンオーバーもしやすくなります。ピーリングをして古い角質をとるのも手の美白効果を高めるために有効な方法です。
このように手の日焼けを防いで美白をするためには、ターンオーバーを促すというのも非常に効果的な方法の一つです。様々なターンオーバーの方法があるので、自分に合っているものを選んで行ってみてはいかがでしょうか?

PR