更年期で悩んでいる方必見!女性ホルモンを増やす筋トレ方法
1,941views

更年期で悩んでいる方必見!女性ホルモンを増やす筋トレ方法

女性ホルモンのバランスが崩れると更年期障害となり、体が火照るホットフラッシュが起こったり、精神的にうつな状態となる精神疾患を患ったりします。更年期の症状で悩んでいる方は、筋トレをして体内のホルモンバランスを整えることが大切!女性ホルモンを増やす筋トレ方法をご紹介しましょう。

更年期に筋トレが良い理由

45歳から55歳の女性の中には更年期に悩まされている方も45歳から55歳の女性の中には、更年期に悩まされている方がいらっしゃるのではないでしょうか?更年期の症状としては、体が火照ったり汗をかいたりするようなホットフラッシュや、精神的に沈んでしまう うつ病の症状などがあります。

このような更年期の症状が起こるのは、歳を重ねるに伴って卵巣機能が低下するため、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減るためです。エストロゲンが減ると、脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を与えます。また、更年期には、子どもが成人を迎えたりして子育ての環境が変化したり、両親の介護をするなど、心理的に負担になるような変化が起こったりします。それによって、心がストレスを抱えて、うつ病などの精神的な病気が出てくるようになります。

更年期に減ってしまう女性ホルモンの分泌を促すために、筋トレを行いましょう。筋トレを行うと、体内のホルモンバランスを整えることができますよ。女性ホルモンを増やす筋トレ方法をご紹介します。

魅力的な筋トレの効果とは?

魅力的な筋トレの効果とは?筋トレって、筋肉を鍛えることが目的ではないの?と思われているかもしれません。筋トレは、筋繊維を鍛えることだけではなく、様々な魅力的な効果がありますよ。

【筋トレで栄養補給】
筋トレは運動なので、体に負荷が掛かります。体に負荷を掛ける運動はお腹が減りますよね。筋トレ後は、食べ物を消化しやすい状態となっているため、体に栄養が行きわたりやすくなります。

【筋トレでストレス解消】
筋トレをすると、運動をするためストレス発散ができます。汗をかくと、気分がリフレッシュしますよね。筋トレをしているときは、体に負荷をかけるので辛いかもしれませんが、終わったあとは一汗かいて、体も心もリフレッシュできるでしょう。

【筋トレでアンチエイジング】
筋トレをすると、筋肉が壊れます。壊れた筋肉は、筋繊維を強化するために回復が起こります。これを超回復というのですが、超回復が起こるときには、ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは、アンチエイジングの効果があり、若々しい肌を保つことができます。

女性ホルモンを増やす筋トレ方法

【スクワット】
自宅で道具を使わず簡単にできるスクワットです。
①両足を肩幅程度に開いて立ちます。
②ゆっくりと腰を落として膝を直角に曲げ、空中に座るような形で5呼吸キープします。
③5呼吸終わったら、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
④これを10回程度繰り返します。
※最初は膝に負担がかかるため、角度はそれほど気にせずにスクワットをするようにしましょう。自宅で道具を使わず簡単にできるスクワット

【膝曲げ腹筋】
①仰向けに寝て、膝を90度にまげて上げます。
②両手を頭の後ろで組んで、おへそを見るようにして体を起こしていきます。
③5呼吸同じ姿勢をキープしたら、ゆっくりと元に戻します。
④10回程度繰り返しましょう。膝曲げ腹筋

筋トレと合わせて食事もチェックしよう

女性ホルモンを増やすためには、筋トレをすると共に、食生活を見直すことが大切です。女性ホルモンの増加を促す成分についてご紹介します。

【大豆イソフラボン】
大豆イソフラボンが多く含まれている食べ物は大豆です。筋トレをした後は、納豆や豆腐、豆類を食べるようにしましょう。

【ボロン】
ボロンはキャベツに多く含まれています。ボロンは女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を促してくれるため、キャベツの千切りなど、サラダにして食べてもよいでしょう。ボロンはキャベツに多く含まれています

PR