産後の乳首のくろずみ対処法 乳首の色素沈着はなぜ起こる?
299views

産後の乳首のくろずみ対処法 乳首の色素沈着はなぜ起こる?

妊娠や出産を機に乳首のくろずみが気になるという方が多いのではないでしょうか?赤ちゃんができる前までは、薄いピンク色の乳首だったのに、くろずんでしまってショックという方が多いのかもしれませんね。そのような方へ、乳首の色素沈着が起こる理由と、乳首のくろずみ対処法についてご紹介しましょう。

乳首のくろずみ、どうしたら戻るの?

妊娠や出産をした後に、乳首のくろずみが気になっているというママさんたちへ、乳首のくろずみ対処法についてご紹介しましょう。まずは、産後に乳首のくろずみが起こる原因からみていきましょう。

どうして妊娠・出産すると乳首がくろずむの?

産後の乳首のくろずみ

妊娠中や産後に乳首がくろずむ理由は、メラニン色素が大きく関わっています。
【妊娠中に増加するメラニン色素】
妊娠をすることによって、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが増えます。これらの女性ホルモンは、メラニン色素を生成するメラノサイトを刺激するようになります。妊娠をすることによって、2つの女性ホルモンが増加し、メラニン色素が増えることで、からだ中のあちこちで黒ずみが起こる結果となります。乳首の黒ずみの他にも、シミが濃くなったり、おへそから下腹部にかけての1本の太い線である正中線が出るのも、メラニン色素の増加によるものです。

【メラニン色素の沈着】
乳首やワキ、外陰部は体の中でメラニン色素が多い部分となります。よって、妊娠中にメラニン色素が増加することによる色素沈着が起こりやすい部分でもあります。

【赤ちゃんのため】
赤ちゃんの視力は、生まれてすぐのころは十分に発達しておらず、周りのものがよく見えていません。お母さんの乳首が黒ずむのは、赤ちゃんが乳首を探しやすくするためとも言われています。赤ちゃんがお母さんのおっぱいを探しやすくするために、乳首が黒っぽくなり目立つようになるようです。

乳首のくろずみ対処法【クリーム】

産後の乳首のくろずみはクリームで対処

乳首のくろずみを対処する方法に、クリームを使う方法があります。乳首のくろずみのクリームは病院でもらうことができます。病院でもらえるクリームは、美白効果の高いハイドロキノンという成分が入っているものと、そのクリームの効果を上げるためのトレチノインという薬があります。これらのクリームを乳首に塗ることによって、くろずみを解消していきます。

皮膚科で乳首のくろずみを対処する場合は、保険がきかないため、10万円前後の費用が掛かるようになります。皮膚科で診てもらうことで、医師の診断のもとで治療をしていけるため、安心感があるのではないでしょうか。ハイドロキノンの副作用として、赤みや炎症、トレチノインはかゆみや痛みなどがありますが、万が一そのような副作用が出た場合も、医師に診てもらうことで適切な対処をしてもらえるメリットもあります。

乳首のくろずみ対処のためのクリームは、ネットなどで購入をすることもできます。病院に通院する必要がないため、費用は安く済ませることができますが、何かあった場合は自己責任のため、肌トラブルが起こったときは注意しなければなりません。また、医師の処方のクリームよりも濃度が低いため、くろずみを解消するために時間が必要になるかもしれません。

乳首のくろずみ対処法【石鹸】

産後の乳首のくろずみは石鹸で対処

乳首のくろずみを対処する方法として、石鹸を利用する方法があります。ジャムウの石鹸は、パパイア果実エキスやオリーブオイルが入っている石鹸で、くろずみのケアをしてくれます。この石鹸は濃厚な泡をつくることができるので、その泡で乳首をパックして、汚れによるくろずみを洗い流してくれるようです。

PR