一度で消える光の魔法!シミやそばかす赤ら顔を治すフォトフェイシャルとは
66views

一度で消える光の魔法!シミやそばかす赤ら顔を治すフォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは肌に特殊な光を当て、シミやそばかす、赤ら顔、にきび痕などを消す美容法です。確実に肌のそばかすやシミを消すことができます。また肌を活性化させてくれるため、コラーゲンを増加させる働きもあり、肌のアンチエイジングを行うことができます。レーザー治療に比べると副作用が少ないのが利点です。

シミを消してくれるフォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとはどのような治療方法なの?

フォトフェイシャルとはどのような治療方法なの?

フォトフェイシャルとは美容整形や病院の皮膚科で行われる治療方法で、特殊な光を肌に当てることによって、肌に出来てしまったシミやそばかす、シワ赤ら顔やたるみや小じわなどの悩みを解消してくれます。

一度の照射で複数の肌の問題を解決することができるので、正しく施術を行えば肌に負担の少ない治療方法でもあります。またインテルス・パルス・ライトという光を当てることによって、コラーゲンの生成力、肌の再生力を高めることができます。アンチエイジング効果もあります。

気になるシミを完全に消すことができます

気になるシミを完全に消すことができます

フォトフェイシャルとは、気になるシミを確実に消すことができる治療方法でもあります。

これまで高価な美白化粧品を使っていた方にとっては、価格の割には、なかなか消えないシミに悩んでいる方もいらっしゃったのではないでしょうか。フォトフェイシャル治療を受けるだけで、シミを確実に消すことができるので、費用面でも安く済みます。

フォトフェイシャルは、光による治療であるため、波長の幅が広いことが特徴です。そのため、顔全体に光を当てることができるので、顔全体で二万円から四万円ほどの費用ですみます。

施術回数については、軽いシミであれば一回で済みますが、シミが広範囲に広がっていたり、肌の奥まで色素がある場合には、数回にわたって治療が必要な場合もあります。確実にシミを消すことが出来るので、やりがいのある治療方法でもあります。

治療を受けられない方もいます

治療を受けられない方もいます

フォトフェイシャル治療は、効果のある治療法ですが、残念ながら治療を受けられない方もいます。それは妊娠中の方や光過敏症などの問題を抱えている方です。他にも糖尿病の方も治療を受けることができません。日焼け直後や肌にトラブルがある状態だと、治療を行うことができないので、注意しましょう。

デメリット面も考えておきましょう

レーザーに比べると痛みが少ないけれど

レーザーに比べると痛みが少ないけれど

レーザーに比べると施術中の痛みは少ないのですが、人によってはゴムをはじくような痛みを感じることがあります。

またシミやそばかすが濃い場合、一回の施術では完全ではなく、数か月後に施術が必要なこともあります。濃いシミがある場合は、フォトフェイシャルよりもレーザー治療の方が向いている場合もあるので、医師と相談して決めましょう。

薄いそばかすの場合だと広範囲に光を当てることができるので、一度目でそばかすが目立たなくなることもあります。施術後の結果についても、効果がものすごくある人とあまり現れず、何回か繰り返さなければならない人もいるので、その点もよく考えて治療を行うとよいでしょう。

また光の出力を上げたり照射時間が長すぎると、火傷などのトラブルになる場合もあります。皮膚科や美容外科など施術実績の高い医療機関を選ぶこと、施術経験数の多い腕のよい医師に行ってもらうようにしましょう。一部のエステサロンでもフォトフェイシャルを行っているところもありますが、医療行為とは違うため、エステサロンでは行わない方がよいでしょう。

治療後はUVケアを万全に行いましょう

フォトフェイシャルを行った後は、肌は敏感になっており、紫外線の影響を受けやすくなっています。そのため、施術後は日焼け止めを塗るなどのUV対策を万全に行いましょう。

PR