飲んでよし!顔に塗ってよし!の酒粕で女を磨こう!驚きの酒粕の美容効果
62views

飲んでよし!顔に塗ってよし!の酒粕で女を磨こう!驚きの酒粕の美容効果

酒粕の美容効果は身体に取り入れても、顔に塗ってもあります。酒粕は日本酒を製造するときに出てくる副産物でもあります。昔からこの酒粕を使って、甘酒や漬物などの料理に使われてきました。実はこの酒粕の中には食物繊維やアミノ酸、βグルガンなどの栄養分が入っており、健康にも美容にも効果があります。

酒粕の美容効果が凄いんです!

酒粕とはいったいどんなものなの?

酒粕とはいったいどんなものなの?

酒粕は、日本酒を製造する際に出てくる副産物でもあります。日本酒はまずお米を蒸し、そして米麹と合わせた後、発酵させてもろみというものを作ります。このもろみ成分を絞った後の残りのカスがいわゆる酒粕と呼ばれるものです。

日本酒を絞った後の残り物だなんて、たいしたものではないと思っていたら、実は大間違いなのです。酒粕には、栄養分が豊富に含まれており、健康パワー、美容パワーが最強のスーパーフードの一つだったのです。

酒粕に含まれる成分とは?

酒粕には、ビタミンやミネラル、アミノ酸、麹菌、酵母由来のβグルガンなどの成分が含まれています。美白成分として注目したいのが、スフィンゴ脂質です。

このスフィンゴ脂質は肌に潤いを与える役割の他にも、メラニン色素が活発に働かないように制御してくれる物質を含有しています。またコラーゲンやエラスチンの生成を促進させてくれる効果があるため、色白になれるほかにも、張りのある瑞々しい肌を作ってくれるのです。

酒粕を身体に取り入れるには?

酒粕料理ってどんなものがあるの?

酒粕料理ってどんなものがあるの?

酒粕は美人になれるスーパーフードでもあるため、毎日身体に取り入れたいという方もいることでしょう。ガンや糖尿病、肥満、骨粗鬆症などの予防にも効果があるので、日常の料理に活用したいものです。しかし酒粕を使った料理は甘酒ぐらいしか思いつかないという方もいるかもしれません。そこで簡単にできる酒粕料理をご紹介します。

一番簡単なのはお味噌汁に入れるだけです

一番簡単なのはお味噌汁に入れるだけです

料理が苦手な方でも、手軽にとることができる酒粕料理があります。それはお味噌汁に酒粕を入れて煮込むだけです。野菜をたくさん入れることによって酒粕の栄養分と野菜の栄養分との相乗効果で、肌にも身体にもよい一品が出来あがります。

酒粕には食物繊維が豊富に含まれているため、便秘気味の方も、腸の中から綺麗になっていくので、便秘解消効果、便秘による吹き出物にも効果があります。

スライスして焼くだけ!

板状の酒粕を購入してきたら、薄くスライスしてトースターで焼くと、焼きチーズ風になります。クラッカーにのせて食べると洋風のおつまみにもなります。

肌には酒粕パックを!

酒粕の美容効果で悩んでいたシミが消えるといわれています

酒粕の美容効果で悩んでいたシミが消えます

酒粕の美容効果でシミを消すことができるといわれてます。酒粕パックを始める前に、まず酒粕を少量取り、二の腕の内側につけ、かぶれがないかどうかパッチテストをしておきましょう。酒粕パックは、まず酒粕100グラムに対して日本酒を300ミリリットルをなめらかになるまで混ぜ合わせます。ミキサーで攪拌させてもよいでしょう。

出来上がったら、大さじ一杯程度をラップに包んで冷凍庫に保存しておきましょう。製氷器にパック剤を入れて冷凍し、固まったらチャック付きの保存袋に入れておいてもよいでしょう。

使うときは、自然解凍させた酒粕パックを顔に塗って10分程度パックしておきます。顔にパックをした際に、目と鼻の部分を開けたラップを上にのせると、パックの効果が上がります。

酒粕に含まれている麹酸に美白効果や肌の老化を食い止めてくれる効果があるため、半年ほど続けて行えば、気になるシミがだんだん薄くなっていくそうです。あきらめずに長期間続けていくことが大切だそうです。

PR