美容と健康に重要な腸の働きのカギをにぎる腸内細菌美容について
34views

美容と健康に重要な腸の働きのカギをにぎる腸内細菌美容について

腸内細菌美容という言葉をご存知ですか?腸内の細菌の働きが美容と健康のカギをにぎることがわかってきました。アンチエイジングや美容のため、健康維持のため、きれいな腸のためにするべきことについて詳しく見ていきましょう。

腸内細菌美容とは?

腸内細菌美容とは?

私たちの大腸と小腸には、細菌(腸内菌)が100種類以上、約100兆個もあるといわれています。その細菌が美容と健康に大きくかかわっていることがわかってきました。その腸内細菌の種類やおよぼす影響など、詳しく見ていきましょう。

腸内細菌の種類

腸内細菌は、大きく分けて3つあります。よく聞かれると思いますが、善玉菌(有用菌)、悪玉菌(腐敗菌)、日和見菌です。善玉菌は、私たちの体に有用な働きをする菌で、ビフィズス菌や乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)が代表的です。

悪玉菌は、腸内を腐らせたり有毒物質を作る菌で、病気の元といわれています。主なものにウェルシュ菌、ブドウ球菌、ベーヨネラなどがあります。日和見菌は、善玉とも悪玉とも違いますが、体調が崩れると悪玉菌となる菌で、大腸菌やバクテロイデスが代表的です。

腸内細菌の特徴

 腸内細菌の特徴

私たちの腸には、多種多様な細菌が生息しています。

腸内菌がまとまって生息しているのを、お花畑に例えて「腸内フローラ」と呼んでいます。人によって生息している細菌も様々で、生活習慣や年齢やストレスなどでも変わってきます。健康であれば、善玉菌、悪玉菌、日和見菌がバランスよく保たれています。

腸内は菌にとって棲み心地がよいので、善玉菌と悪玉菌が生存競争を繰り広げています。全体の菌の数は一定なので、どちらかが増えるとどちらかが減るといった状態です。

善玉菌が増えればいいのですが、悪玉菌が増えると体の調子が悪くなる傾向にあります。腸内細菌にはこのような特徴があるのです。

腸内細菌がなぜ美容に役立つの?

 腸内細菌がなぜ美容に役立つの?

今までお話ししてきたように、腸内細菌のバランスが健康のバロメーターとなっています。

腸はたんなる消化器官だけではなく、第二の脳と言われているほど重要な臓器なのです。善玉菌が優位になれば体調がよくなり、悪玉菌が優位になれば体調を崩しやすくなります。それは、美容にも通じることです。

便秘は肌荒れを引き起こすことがあります。甘いものの食べ過ぎで太ることもあります。美容と健康は深いつながりをもっているのです。腸内細菌がいかに美容にも影響を及ぼしているのかがよくわかります。

腸内細菌がとのように体に働くのでしょう?

腸内細菌がとのように体に働くのでしょう?

 酵素の働き

人間は、生きるために食べています。食べることはとても大切なことです。食べたものでできているといっても過言ではありませんね。炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよくとることが望ましいといわれています。それ以上に大切なものが酵素です。酵素が消化したり、息をしたり、筋肉を動かしたりと私たちの生命に深く関わっています。

酵素を作る腸内細菌の役割

私たちは、食べたものを消化器官を通って排泄させます。腸では栄養分を分解して吸収し、老廃物を排出します。腸内細菌は、大便の半分くらいを作る仕事をしています。そこで働いているのが消化酵素です。

また、腸内細菌が作り出す腸内酵素が、食材から栄養素を作り出しているのです。例えば、食物繊維を腸内酵素が分解し、短鎖脂肪酸が作られ、体のエネルギー源となったり、ストレスで傷ついた細胞の修復をしてくれたりします。他にも腸内細菌には様々な役割があります。

食べるものに気をつけて、腸内細菌をうまく酵素にかえられれば、美容と健康につながるでしょう。

PR