朝食に腸食を食べて身体の内側から綺麗になりましょう
171views

朝食に腸食を食べて身体の内側から綺麗になりましょう

朝食に腸食を食べると、排便を促す効果や免疫力向上効果、美容効果があります。腸食として食べたいメニューは食物繊維の多い野菜や果物、ヨーグルトやぬか漬け、納豆などの発酵食品です。腸の中で善玉菌が増えることによって腸内環境が改善されるため、便秘の予防やガンの予防にもなります。

朝食に腸食を食べよう

腸食って何?

腸食って何?

腸食とは、腸の環境をよくするための食事のことです。

腸食をすると身体の内側から綺麗になれます

腸食をすると身体の内側から綺麗になれます

若い女性の間では、腸食が大ブームです。

何故、腸食が大ブームになっているのか、その理由は、腸内環境を綺麗にすることによって、排便効果や腸内の毒素を排出することが出来るため、身体の内側からスッキリさせることが出来、さらに美肌効果も期待することが出来るからです。

腸の状態がよくなると?

腸によいものを食べることによって腸の状態がよくなると、全身の血液の流れがよくなり、健康的になり、免疫力も高まるため、風邪をひきにくくなります。

また腸の中の毒素が体外へ排出されやすくなるため、口臭や体臭がなくなります。またガンを抑制することが出来ます。

腸食は何故、朝食べると良いの?

朝食べると排便効果があります

朝食べると排便効果があります

腸食を食べると一番効果がある時間帯があります。それは朝起きてからです。

睡眠中は、人は眠っているため食事を摂ることはありません。そのため、腸はゆったりとした動きで蠕動運動をしている状態で、便が腸の出口まで運ばれていきます。

そのため、朝、食べ物や水分を摂ると胃腸が動き、それが腸に伝わって、排便しやすくなるのです。朝、排便をすることによって腸の中もスッキリとするため、一日が快適に過ごしやすくなるのです。

朝食を抜く人は非常に残念です!

昔の人は朝はしっかりと食事を摂っていました。

しかし現代人は朝食を食べない人が増えてきています。夜遅くまで起きていたり、睡眠時間が短かったり、寝る前に何か食べていると、朝、食欲がわかないという人も多いのではないでしょうか。

朝食を食べれるようにするためには、やはり規則正しい生活をし、寝る前に食べ過ぎないことが大切です。就寝3時間前までに食事を済ませておくようにしましょう。

朝どうしても食欲がない時は、バナナやヨーグルトだけでも食べるようにしましょう。

朝食抜きのリスクとは

朝食を抜くと、脳や精神状態に悪い影響を与えるため、一日を快適に過ごすことが出来ません。また午前中、頭がぼんやりとしているため、仕事や学業に集中することが出来なくなってしまいます。また血液の流れも悪くなるため、脳血管疾患や心臓疾患のリスクも高まります。

朝食には腸の活動を活発化させるものを

脂肪分の多い食事よりも食物繊維や乳酸菌を!

脂肪分の多い食事よりも食物繊維や乳酸菌を!

腸の活動を活発化させるには、腸によい食べ物を食べるようにしましょう。

反対にバターやチーズなど脂肪分の多い食事を摂ると、腸内細菌のバランスが崩れやすくなります。パンにバターを塗ったり、チーズを食べる場合は、量は少しだけにしておいた方がよいかもしれません。

腸の善玉菌を増やすには、食物繊維の多いさつまいもやかぼちゃ、果物、納豆やぬか漬けやヨーグルトなどの乳酸菌をたくさん摂るとよいでしょう。腸内に有用菌が増えることによって、身体の免疫力を高めたり、太り過ぎや糖尿病、アレルギーを予防してくれる効果があります。

腸の中で有用菌が増えると

腸の中で有用菌が増えると

有用菌は善玉菌とも呼ばれており、ビフィズス菌や乳酸菌などがあります。

有用菌が増えれば、食べ物を消化したり吸収したりする働きが強まり、免疫力が高まるため、より健康で美しくいられます。また老化予防効果もあるため、出来るだけ朝食に腸食を食べて、腸の中を元気にするように心がけましょう。

PR