みんなどう処理しているの?アンダーヘアのケアはどうしていますか?
151views

みんなどう処理しているの?アンダーヘアのケアはどうしていますか?

アンダーヘアのケアは自己処理で行う方法と美容皮膚科や美容外科でレーザー脱毛や光脱毛を行う方法があります。自己処理する場合はデリケートゾーンのため、肌トラブルが起こりやすい場所であるため、処理後は保湿ケアをしっかりおこないましょう。永久脱毛をするなら毛が再生しにくいレーザー脱毛がよいでしょう。

アンダーヘアのケア間違っていませんか?

デリケートゾーンのアンダーヘアのケア

デリケートゾーンのアンダーヘアのケア

アンダーヘアのケアは女性にとってデリケートゾーンでもあるため、間違ったケアをすると肌トラブルの原因にもなってしまいます。

間違ったケアはこんな肌トラブルに!

間違ったケアはこんな肌トラブルに!

アンダーヘアのケアを間違えると、肌トラブルの原因になります。例えば、皮膚が荒れてしまったり、荒れた皮膚が色素沈着を起こし、黒ずんでしまったり、次に生えてきた毛が毛穴の中に埋もれてしまう埋没毛になってしまったりと、色々な肌トラブルが起こる可能性があります。

正しいアンダーヘアの処理方法はどうすればいいの?

自己処理の方法は

自己処理の方法は

アンダーヘアを自己処理する方法には、剃刀で剃ったり、毛抜きで抜いたり、除毛クリーム、ワックス、脱毛器などを使用する方法があります。

剃刀でのアンダーヘアのケア方法について

剃刀でのアンダーヘアのケア方法について

剃刀はとても手軽で入浴中に処理をすることが出来るため、とても簡単な方法ですが、その反面、デメリットもたくさんあります。

剃刀で剃った場合、毛を剃った後もすぐに生えてきてしまったり、剃刀の刃によって角質部分を炒めてしまったり、色素沈着になってしまうこともあります。そこで剃刀でアンダーヘアのケアをした場合は、剃った後のお手入れも必要になります。

正しいアンダーヘアの剃り方とは?

アンダーヘアを剃る時は、入浴中に行うとよいでしょう。

予め湯船に浸かっておくか、湯船に浸かれない場合は、蒸しタオルを処理したい部分に当てておきましょう。処理するラインを決めておき、長い毛はハサミで切っておきます。

長いまま剃ってしまうと、刃に絡まったりするため、綺麗に剃ることができません。剃りたい箇所をよく泡立てた石鹸をつけておきましょう。皮膚をピンと手で抑え伸ばした状態で刃を当てると綺麗に剃ることができます。

アフターケアは、肌がダメージを受けやすくなっている状態であるため、保湿クリームを塗っておきましょう。

ワックス脱毛でのアンダーヘアのケア方法について

ワックス脱毛でのアンダーヘアのケア方法について

ワックス脱毛は広範囲の毛を引き抜くため、剃刀で処理した場合と比べて、根元から毛がなくなるため、仕上がりが綺麗で、チクチクすることもありません。

ワックス剤を塗った後、乾いてから一気に引き剥がすため、相当な痛みを覚悟しなければなりません。また埋没毛のトラブルも起こりやすくなります。処理後は、保湿クリームを塗って肌のダメージをケアする必要があります。

脱毛器で処理した場合

脱毛器で処理した場合

アンダーヘア専門の脱毛器で、機械で毛を根元から引き抜きます。

処理時間が短いのですが、埋没毛のトラブルも起こりやすくなります。昔と比べると高速処理化されているため、痛みも軽減されてきましたが、やはり毛を根元から引き抜くため、多少の痛みも覚悟しなければなりません。

毛を根元から引き抜くため仕上がりが綺麗なのが特徴ですが、処理後はかなり肌がダメージを受けている状態ですので、保湿ケアをしっかり行いましょう。

毎回処理するのが面倒だという方は永久脱毛も!

アンダーヘアの永久脱毛について

アンダーヘアの永久脱毛について

アンダーヘアを毎回処理するのが面倒だという方もいるのではないでしょうか。

美容皮膚科や美容外科ではアンダーヘアの永久脱毛を行っていますので、レーザー脱毛で処理するのも一つの解決策です。医療レーザーを処理したい部分に当て、脱毛する方法で、処理後は永久的に毛が生えてきません。初期費用がかかりますが、その後のお手入れは不要になります。毛

の生えているメラニン色素部分に対してレーザーが反応するため、肌へのダメージも少なくすみます。他にも光脱毛方法がありますが、光脱毛だと処理後もまた毛が再生してしまう場合があります。

PR