アンチエイジングの敵!糖化って?糖化を防ぐためにできることは?
65views

アンチエイジングの敵!糖化って?糖化を防ぐためにできることは?

肌のくすみ、シミ、シワの原因であると言われている糖化。この糖化は、美容だけでなく、体内の色々な老化を促してしまいます。そこで、今回は、糖化を防ぐためにできることについて調べました。一度出来てしまった糖化によって作られた成分は、なかなか取り除くことができないため、いかに糖化を防ぐのかが重要です。

アンチエイジングの敵!糖化を知ろう

アンチエイジングの敵!糖化を知ろう

糖化って?

糖化ってなんだか分かりますか?もともと、アンチエイジングや体のことを学ぶ上で、活性酸素というのをよく耳にしていたかと思います。この活性酸素は、体内の様々な物質を酸化させてしまう、つまり細胞など、体の色々な部分をサビつかせてしまう原因です。そこで、コラーゲンなどを酸化させてしまうことで、肌のシワやたるみとなって体に表れるのです。

ですから、コラーゲンなどを酸化させてしまうことで、シワやたるみにしてしまうものです。一方で、糖化というのは、なんでも糖、つまりエネルギーとしてしまう、燃焼させてしまうために、最終的には様々な物質を焦げつけさせてしまうという現象になります。つまり、肌で言うと、糖化してしまうということは、本来の肌を焦がしてしてしまう、つまりくすんだ肌にしてしまうということになるのです。

糖化になる原因は?

糖化になる原因は?

糖化してしまう原因は、血中に必要以上の糖が存在していることが原因のひとつです。本来、脳のエネルギーとして、肝臓に糖が少なくなったときに補充するための貯金と一部の血糖以外では、糖は必要ありません。余った糖は、その後、血中をめぐっています。これが、体内にある燃えるものと合体した時に、糖化が始まります。

多くの場合、体内にあるタンパク質が糖と合体し、燃えて焦げとなります。この糖化された物質が、肌の一部にくっついたり、コラーゲンを変性させてしまうことによって、肌のくすみやシミ、シワとなって表れてくるのです。

一度糖化されると改善できない!

一度糖化されると改善できない!

一度、糖化して生成された物質は、そこから改善されることはありません。ですから、いかに体内のタンパク質や脂質を糖化させないかがキーポイントになります。

糖化を防ぐためにできること

私たちが糖化を防ぐために出来ることは一体どういうところでしょうか。

糖化をさせないために糖質を増やさない

糖化をさせないために糖質を増やさない

上記のように、糖質を多くしないこと、これが大事なポイントです。極端に言うと、糖質を摂らないという結論もあるかもしれませんが、人間にとって、糖質は絶対に必要な栄養素です。ですから、まずは、糖質を余らせないようにすることが大切です。

低GIの食品を選ぼう

低GIの食品を選ぼう

食事をして、急に血糖値が上がる食べ物も良くありません。なぜならば、食事をしていきなり血糖値が上がると、その血糖値を下げる処理が追い付かなくて、結局糖が余ってしまうのです。ですから、白米よりも玄米、お肉も牛肉よりもお魚や豚肉、鶏肉は低GIの食べ物になります。高GIの食品である、精製米やじゃがいもなどを食べ過ぎないことが大切になります。

食べる前にお茶を飲もう

食べる前にお茶を飲もう

食べる前にお茶を飲むことも大切です。暴飲暴食が防げることもありますが、何よりも、お茶一杯を飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。

また、空腹時であると、どうしても、お米が食べたくなりますが、一口でも口にお茶を入れることで、その空腹感が緩やかになるでしょう。

食べ方にも工夫しよう

食べ方にも工夫しよう

血糖値を緩やかにするためには、食事の順番も気にすることが大切です。出来るだけ、野菜、お味噌汁などを食べてから、最後にお米を食べることによって、血糖値の上昇を抑えることができるのです。

糖化を防ぐだけでも、肌の調子はよくなります!

血糖値を急激に上げないと心掛けるだけでも、糖化を防ぐことができます。このように、食べ方一つでも、気にすることだけでも、糖化を少しは減らすことができるでしょう。

PR