飲み過ぎて困った!翌日仕事があっても大丈夫!お酒のむくみ解消があります
69views

飲み過ぎて困った!翌日仕事があっても大丈夫!お酒のむくみ解消があります

お酒を飲みすぎた翌日には、朝起きたら顔がパンパンにむくんでいて困った!という経験はありませんか?こんな顔のままでは仕事に行くのも辛いというときはマッサージなどでお酒のむくみ解消を行いましょう。またお酒を飲むときのおつまみは野菜や豆類、魚などのカリウムを含む食べ物と一緒に飲めば、むくみ対策になります。

お酒のむくみ解消方法はたくさんあります

飲み過ぎて顔がパンパン!こんなときは?

飲み過ぎて顔がパンパン!

飲み会などで、ついついお酒を飲み過ぎてしまうことはよくあります。

こんな時、翌朝起きて鏡を見てみたら、顔がパンパンにむくんでいて困ったという経験はありませんか?

むくんだ顔ではメイクも生えないし、会社へ行くのも憂鬱です。こんなときには、お酒のむくみ解消方法がたくさんあるので、是非お試しください。

飲みすぎた日は枕を高くしましょう

pillows-1031079_640
翌朝の顔のむくみをあらかじめ予防する方法があります。

とっても簡単な方法で、枕を高くすることです。いつも使っている枕の下にクッションを敷いておけば、簡単に枕の高さを高くすることができるので、顔がむくみやすい体質の方はトライしてみましょう。

おつまみは野菜や魚をセレクトしましょう

おつまみは野菜や魚を

お酒を飲むと、おつまみは塩気のあるフライドポテトや唐揚げなどをセレクトしがちです。

確かに塩気のあるおつまみはお酒がすすんで美味しく感じられますが、ここはむくみ対策のためにカリウムを含む食べ物をおつまみにセレクトしましょう。

カリウムが多い食品は体内に溜まった余分な水分を外に排出させてくれる効果があります。カリウムを含む食べ物には、大豆や魚、野菜やきのこ、果物などがあります。

お店屋さんでオーダーするなら、冷ややっこや枝豆、焼き魚やフルーツの盛り合わせがおすすめです。お酒は生のフルーツを絞ったグレープフルーツハイやレモンフルーツハイなどが、むくみ対策にもなります。

時間がないときのお酒のむくみ解消方法

ツボでむくみ解消

お酒を飲み過ぎて、翌朝顔がパンパン!しかも寝過ぎて会社に遅刻しそう!

こんな時でも、むくみ解消方法があります。手首の親指がある内側から5センチほど下に下がった場所を指で押したり、温めたりすると顔のむくみを解消することができます。時間がないときは、このツボを刺激しましょう。

朝風呂に入るかシャワーを浴びましょう

効果があるのはお風呂に入るかシャワーをすること
お酒のむくみ解消で一番効果があるのは、お風呂に入るかシャワーをすることです。身体が温まることで、血行がよくなるので、顔のむくみにも効果があります。時間がある時は、朝風呂に入るといいですね。

首を回すだけでもむくみ解消に!

首のリンパの流れを首を回すことによって改善させる

お酒を飲む過ぎると、首のリンパの流れが悪くなりむくみの原因になります。そこで首のリンパの流れをよくするために、首を回しましょう。

お酒を飲んで就寝すると、顔に余分な水分が移動するため、顔がむくみやすくなります。そこで首のリンパの流れを首を回すことによって改善させると、顔にたまった水分が移動し、身体の方へ流れていきます。

ゆっくりと首を回すと、顔のむくみが改善されます。朝、時間がないときは、通勤中や会社のトイレの中で首回しをするだけでも効果があります。

耳の後ろをしっかりマッサージ

耳の後ろにはリンパ節をマッサージ

耳の後ろにはリンパ節があります。

ここをしっかりマッサージするとリンパの流れがよくなるので、むくみ解消に効果があります。

時間があれば、さらに耳の後ろから、首、鎖骨を手の指でしっかりマッサージすると顔にたまった水分や老廃物を下へ流していくことができます。

また額の中央から外側、両眉の中心からおでこ小鼻の下から目頭、眉頭から眉尻までをマッサージしましょう。

顎の中心から耳のつけ根までマッサージをすると、顔のむくみが取れます。乳液を手につけて行うと指のすべりもよくなるため、肌も傷めません。

PR