肌の糖化とは?こんな習慣がある人は肌が糖化しているかも?!
203views

肌の糖化とは?こんな習慣がある人は肌が糖化しているかも?!

今美容界で注目されている肌の糖化とはどんな現象なのでしょうか?肌が糖化すると老けて見えてしまうため、いつまでも若々しい肌でいたい女性にとって糖化は大敵です。肌の糖化を防ぐためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

アンチエイジングの大敵、肌の糖化とは?

肌のたるみやくすみは糖化が原因!

たるみ、いやですよね

年齢を重ねるとともに肌のたるみやくすみが目立つようになった…。このような人は、肌の糖化が進んでいる証拠です。肌の糖化は時間を掛けてゆっくりと進行するため、気付かないうちにたるみやくすみとなって表れます。

肌の糖化とは、肌にもともとあるたんぱく質と糖が結びついてしまう現象です。糖とは食事によって体内に取り入れられる糖質の多い食材や炭水化物のことを指します。

肌が糖化してしまうと肌が硬くなり、たるみやくすみの原因となってしまいます。肌の糖化は老化となって表れるため、年齢よりも老けて見られてしまいます。

また、いつまでも若々しい肌を保つために必要不可欠なのが肌のターンオーバーです。しかし、肌の糖化はターンオーバーを遅らせてしまうため、より肌の老化が進んでしまいます。

肌の糖化の原因と糖化を進めるNG習慣

前述したように、肌の糖化は肌にもともとあるたんぱく質と摂取した糖が結びつくことによって引き起こされます。つまり、肌の糖化の原因となっているのが糖の摂取なのです。

普段から甘いお菓子やデザート、飲み物を好んで口にしていませんか?このように糖をたくさん摂取する習慣がある人は肌が糖化しやすいため注意が必要です。

白米やパンなどの炭水化物にもたくさんの糖が含まれています

糖=甘いものだけではありません。白米やパンなどの炭水化物にもたくさんの糖が含まれています。いくら甘いものを控えていても、炭水化物を多く摂取していると肌の糖化が進んでしまうため注意しましょう。

また、普段からあまり野菜を食べない人や早食いの人も肌が糖化しやすいと言われています。肌の糖化を防ぐためには、まずはこれらのNG習慣を改善することが重要です。

肌の糖化を防ぐためには?

食事によって血糖値を急激に上昇させない

肌の糖化を防ぐためには、食事の際に急激に血糖値を上昇させないことが重要なポイントになります。そのためには、食べる順番を見直しましょう。

血糖値を急激に上昇させないためには、野菜から食べ始めることが大切です。次に魚や肉、最後にご飯やパンです。この食べ方は食べ順ダイエットとしても有名になっていますが、肌の糖化を予防する効果も期待できます。肌の糖化を防ぐために、食べ順を意識してみましょう。

食物繊維たっぷりのサラダやスープを食べるように心がけましょう

食物繊維には肌の糖化を抑える効果があります。食物繊維は体内で糖の吸収を抑える効果があるため、血糖値が急激に上昇することも防げるのです。

そのため、食事の際には食物繊維たっぷりのサラダやスープを食べるように心がけましょう。更に、酢やレモンなどを使用することで血糖値の上昇をより抑えることができます。

バランスの取れた食生活と適度な運動

肌の糖化は糖によって進みますが、食事の際に糖を一切摂取しないのは危険です。そのため、糖を一切摂取しないのではなく摂取のし過ぎに注意しましょう。

例えば、甘いお菓子ではなくドライフルーツやナッツ類を食べる、甘い飲み物ではなくお茶や水を飲むなどが効果的です。

また、白米や白砂糖、パンなど白い食べ物は血糖値を上昇させやすいと言われています。白米から玄米へ、白砂糖から黒砂糖へ、パンから全粒粉のパンに切り替えるだけでも肌の糖化予防になります。

糖を体に溜めないためには、運動をして燃焼させましょう。とは言え、ハードな運動は長続きしません。肌の糖化を防ぐためには、日常生活の中に運動を取り入れることが大切です。

例えばエレベーターやエスカレーターを使わずに階段の上り下りをする、通勤時に電車ではなく徒歩や自転車を利用するなど方法はいくらでもあります。このように、たった少しの工夫で肌の糖化は防ぐことができます。

PR