6つの効果的なキレート食材でアンチエイジングを促進!
91views

6つの効果的なキレート食材でアンチエイジングを促進!

キレート食材でアンチエイジングをすることができます。なぜなら、キレート食材は食べることで有害物質を排出する作用があり、体からこれらの有害物質を排泄することで細胞の新陳代謝を促す効果が期待できるためです。キレート食材としてとくに優秀なものを6つ紹介します。

キレート食材でアンチエイジング

近年、アンチエイジングのために必要なこととして、抗酸化作用のある食材を摂取することの他、それまでの食事などで体内に蓄積した有害ミネラルなどを、排出することの有用性がわかってきました。

有害ミネラルは、一度体内に入ると簡単に排泄することはできません。このような時にはキレート食材を摂取することで、体内で起こる化学反応を利用して排泄することができます。

その仕組みは、キレート食材が体内に入ることで、有害ミネラルと結びつきキレート化合物となります。

単体では排出が難しい有害ミネラルも、このような形になることで簡単に排泄することができるようになると言われています。このような成分を期待できるキレート食材にはどのようなものがあるのでしょうか?

【1】パクチー

パクチー

キレート食材としてもっとも有名で、そしてもっとも効果が高いと言われているのはパクチーです。

タイなどの熱帯地域で好まれるパクチーは有害ミネラルや体内毒素を排泄させる作用があるため、排毒やデットクスを試みたい人にはとても有効な野菜です。普段の食事にパクチーを50グラムから150グラムほど食べることで血管が柔軟になったり、余分な脂肪を減らす効果が期待できると言われています。血流が良くなるため、若返り効果が出やすいと野菜、NO.1です。

【2】ネギ、玉ねぎ

ネギ、玉ねぎ

パクチーほどではありませんが、普段の食事に豊富に取り入れることでアンチエイジングが期待できるのは、ネギや玉ねぎです。

これらの食材はとくに疲労回復を助けると言われていますが、その秘密は肝臓の強化にあります。ネギも玉ねぎも特に肝臓に溜まった毒素を分解する作用が高いため、お酒を飲む人以外にも、加工食品や生成された炭水化物を多く摂取する人に適した食材です。

加熱しても、キレート成分は損なわれることがないので、多様な料理に入れて食べるようにしましょう。

【3】ノニ

ノニ

肝臓の毒素に効果的な食材としてノニも有効です。

ノニはジュースとして比較的美味しく摂取することができますが、高品質なものを選ぶとやはり高額になります。しかし、リウマチや慢性疲労症候群など、難治性の病気を治すことができる食材として密かに話題になっています。

また、病気だけでなく、肝斑やシワ、くすみなどへの効果もあるため、美肌を目指す人にオススメの食材です。

【4】大豆、味噌

大豆、味噌

日本の代表的なデトックス食品として有名なものに味噌が挙げられます。

味噌の原料である大豆も高い健康効果があることが知られていますが、発酵している味噌はそれ以上のパワーがあります。味噌は特に体に蓄積した古い塩分を排泄する作用に優れています。

そのため、高血圧の人こそ、味噌汁を飲んで血圧の正常化を目指して欲しいものです。血圧が正常になることで体の細胞が元気になるため、いつまでもみずみずしい肌でいることができると言われています。

ただし、味噌のキレート効果を期待するためには、樽で3年以上かけて作った味噌であることや天然塩を使用しているものに限ります。安い味噌ではキレート効果どころか、有害物質を体に溜め込むことになりかねないので注意しましょう。

【5】ブドウ

ブドウ

抗酸化作用が高いブドウは高い排泄作用があることでも知られています。

ブドウは体の臓器を健康にする効果があるため、1日ブドウだけを食べる断食を行うことで、体内の浄化と臓器の機能向上を期待することができます。数々の奇跡を起したと言われているエドガーケイシーという治療家もブドウ断食によって排泄作用が高まり、健康的な体になれることを紹介したと言われています。

【6】にんにく

にんにく

元気の源と言われるにんにくにもキレート効果が期待できます。

にんにくは滋養強壮に効果が高いと言われていますが、その効果の半分は、にんにくを食べることで有害物質や細菌などを体外に排泄する作用からくるものとも言われています。

にんにくの臭いが気になるという人も多いですが、にんにくの臭いにこそ、キレート効果が高くあります。食後に臭いが気になる場合には、すりおろしりんごやフレッシュりんごジュースを飲むことで、臭いの酵素が分解されて臭いがなくなると言われています。

PR