ガーゼ洗顔の効果を左右するガーゼ選び☆おすすめは赤ちゃん用!頑固な汚れはオイルと重層をプラス
468views

ガーゼ洗顔の効果を左右するガーゼ選び☆おすすめは赤ちゃん用!頑固な汚れはオイルと重層をプラス

ガーゼ洗顔の効果はニキビ、くすみ、たるみを防止し美肌になることです。肌を傷付けることなく、汚れをしっかりを落とすことができるので短期間で卵肌になることも可能です。毛穴などの頑固な汚れが取れないときには強く擦らず、ベビーオイルや重層を使って泡の洗浄力を高めて優しくマッサージするようにしましょう。

ガーゼ洗顔の効果

ガーゼ洗顔法でくすみのない明るい肌を手に入れよう

洗顔は皮脂や汚れを落とすことが目的ですが、強すぎる刺激は汚れを落とすときに肌を傷付ける恐れがあります。
しかし、汚れや皮脂を十分に落とすことができないと、今度はニキビや吹き出物の原因になります。
そのため、洗顔は肌への刺激をできるだけ少なくして、なおかつ汚れを落とすということが大切になります。

このような一見矛盾するような洗顔方法を可能にするのがガーゼ洗顔です。
ガーゼを使って優しく洗顔することで余分は皮脂や汚れはしっかりと落とすことができるのに、繊維の細かいガーゼは肌への負担はほとんどありません。さらに、ガーゼ洗顔には肌を綺麗にするだけでなく肌の調子を整えたり、血行を促進、リンパの流れを改善するために肌のくすみを消し、短時間でワントーン明るい肌になるなど美肌効果が期待できます。

ガーゼ洗顔は美肌になる正しい洗顔

肌のトラブルは乾燥やくすみ、たるみなど数多くあります。しかし、その原因の多くは皮脂のコントロールができていないことや血行不良などにあります。これらを改善するために必要なのは正しい洗顔です。
正しい洗顔はきちんと汚れを落とすことと同時に肌への適度な刺激で血行を促進します。ガーゼ洗顔は正しい洗顔のための有効な方法です。

ガーゼ洗顔に使用するガーゼ選び

ガーゼ洗顔に使うのは医療用でなく赤ちゃん用の繊細なものを

ガーゼ洗顔をするときにはガーゼ選びが重要です。ガーゼとひとくくりに言っても、その種類や用途は様々です。
中でも医療用品としてのガーゼはもっとも有名ですが、ガーゼ洗顔に使用するガーゼは医療用よりも、もっと繊維が細かく、また柔らかな仕上がりの赤ちゃん用のガーゼをしましょう。
赤ちゃんの繊細な肌にも使えるガーゼはデリケートな顔の皮膚に優しくなじみます。

ガーゼ洗顔に適したガーゼ

ガーゼは木綿の糸で編まれた生地のことです。木綿はコットンとも呼ばれ、良質なガーゼは木綿、もしくはコットン100%でできています。
糸の細さや生地の厚さなどに様々な種類があります。とくにガーゼ一枚では薄いために2重、3重になっているものもあります。ガーゼ洗顔で使用するガーゼは2重になっているよりも細かい糸で丈夫に編まれた生地のものが適しています。
あまりスカスカのガーゼだと汚れを落としにくいので注意しましょう。

ガーゼ洗顔方法とコツ

ガーゼ洗顔は通常の洗顔のように泡立て、顔に泡をつけます。その状態で濡らしたガーゼを使って泡を皮膚に軽く押し付けるようにマッサージしながら洗顔します。
汚れや皮脂が溜りやすい小鼻や顎など、また毛穴が気になる部分を中心に優しくマッサージします。マッサージのコツは顔の中心から徐々に外側に向かって行うことです。
こうすることで洗い上がりにむくみもとれて顔全体がすっきりします。

ガーゼ洗顔の方法

洗顔のときにガーゼで優しくマッサージ

(1)クレンジングで化粧を落とす
(2)洗顔のための泡を立てる
(3)ガーゼを濡らす
(4)泡を顔にふんわりと置く
(5)ガーゼで泡を顔全体になじませるようにマッサージする
(6)10分程度マッサージしながら汚れを落とす
(7)泡をしっかりと洗い流す

頑固な毛穴汚れのときには?

ガーゼ洗顔をしても毛穴の角質が十分に取れないなど、頑固な毛穴汚れがある場合にはベビーオイルと重層を使って、ガーゼ洗顔の洗浄力を上げてみましょう。

方法は簡単です。いつもの洗顔の泡にベビーオイルを一滴ほど垂らします。オイルを含んだ泡は毛穴の汚れや皮脂汚れをしっかりを落とすことができます。
さらに、洗い流すときに洗面器に重層を小さじ一杯入れてたお湯でしっかりを洗い流してください。重層が肌に残った余分な脂質を綺麗にしてくれます。

このようにベビーオイルを洗顔のマッサージに、重層を洗い流すときに使用することで肌に負担をかけることなくしっかりと洗顔ができます。

PR