温冷洗顔の方法はやりやすさで選んで!大切なのは続けること!
52views

温冷洗顔の方法はやりやすさで選んで!大切なのは続けること!

温冷洗顔の方法は温水と冷水で交互に洗顔をするという単純なものですが、洗面所が狭かったり、水の温度管理が難しい場合にはキッチンや入浴中に行うという方法もあります。また、温水は蒸しタオルで代用することも可能です。ポイントは温度差の刺激を肌に与えることです。やりやすい方法を選択しましょう。

温冷洗顔の方法

温冷洗顔の方法

温冷洗顔は温かいお湯と冷水で交互に洗顔することで美肌になるという美容法です。

肌の皮膚を刺激して血流を促進し、老廃物を排出させる作用があります。温水で10回、冷水で10回の洗顔を1セットとして3セット以上行うことが基本的な方法です。

最後に冷水での洗顔を行うことでより高い効果を得る事ができると言われています。経済的で手軽な美容法でありながら、高い効果があるとして話題になっています。

そんな温冷洗顔の方法は簡単ですが、自宅で行うとなると場所などの関係から適切な温度でできないという悩みを持つ人も少なくないようです。せっかく簡単で効果のある美容法でも続かなければ効果は期待できません。

そこで今回は温冷洗顔のいくつかの方法を紹介します。長く続けられる方法があなたに適した方法です。できそうな方法を選んで、生活習慣の一つとして取り入れましょう。

【1】基本は洗面所で行う!

基本は洗面所で行う!

温冷洗顔は基本的に洗面所で行います。二つの容器を用意して温水(40度)、冷水(15度)を用意して洗顔を始めます。1セットごとに温度を調節しながら行うようにします。

【2】キッチンで行う場合

キッチンで行う場合

洗面所が狭いという場合にはキッチンで行うのも良いでしょう。キッチンで行うと広いシンクで行えるため、より快適に行えるという言う場合も多いようです。大きめの容器を使ってお湯と冷水を用意するとこまめに温度を調節する必要もなく、基本となる3サイクルを短時間で行うことができます。

【3】お風呂で行うのも◎

お風呂で行うのも◎

洗面所やキッチンで行うのが大変だという場合にはお風呂で行うことをおすすめします。

入浴中に行うことでより高い効果を得ることができます。お湯はバスタブのものを利用し、冷水だけを洗面器などに用意して行います。ポイントは用意する冷水の温度を少し低めにすることです。

さらに、入浴して十分に体が温まった段階で行うと肌により強い刺激となって血管が収縮させることができます。

【4】蒸しタオルを使ってもOK

蒸しタオルを使ってもOK

温水を使わなくとも、蒸しタオルで代用することで行える温冷洗顔もあります。レンジなどで作った蒸しタオルと冷水で交互に刺激することで温冷洗顔と同じ効果を期待することができます。温水を使うよりも手軽で、また、しっかりと顔全体を温めることができるため、寒い季節や寒冷地などでおすすめの方法です。

このように温冷洗顔は肌に温冷刺激を与えることができれば、場所や方法はそれほど重要ではありません。むしろ、しっかりと温度管理ができることや、肌に温度差を与えることが大切です。

さらに、この温冷洗顔で大切なことは心地よいと感じることがポイントであると言われています。温冷洗顔の温度差にこだわるばかりに熱すぎるお湯や冷たすぎる冷水を使用することは肌に余計な負担をかけ、かえって肌トラブルの元になります。

そのため、温冷洗顔では温度差に気をつける以上に心地よいさ感じることを大切にしましょう。とくに熱湯は肌の乾燥や火傷の原因になることもあります。過ぎたるは及ばざるが如しとも言われいます。ほどほどの温度で洗顔するようにしましょう。

温度と同じくらい回数や水質も大切!

温度と同じくらい回数や水質も大切!

温度の他、温冷洗顔のコツは洗顔の回数にもあると言われてます。

基本的には温水10回、冷水10回の1セットを3回行いますが、時間があったり、肌トラブルが多いという人はもう少し回数を増やすようにしましょう。

濃いメイクをする人や普段から生活が不規則であるという場合には5セット程度行うことをおすすめします。温冷洗顔はあまりたくさん行うとよくないと言う人もいますが、強い刺激の洗顔料などを使うよりははるかに肌に優しく、また肌本来の治癒力を高める美容法です。

ただ、水道水のカルキが強い場合や水質がよくない地域では注意が必要です。とくに水の刺激で手荒れなどを起こしやすい人は使う浄水を利用したり、ペットボトルの水を使って行うことをおすすめします。

PR