手軽に美肌になれる温冷洗顔美容とは?やり方のコツを教えて!
30views

手軽に美肌になれる温冷洗顔美容とは?やり方のコツを教えて!

温冷洗顔美容とは温水と冷水で交互に洗顔をすることです。温冷刺激によって皮膚と血管を収縮させることで血行をよくし、老廃物を排出させます。そして肌の状態を改善し、美肌になることが期待できます。お金もかからず、簡単に行える方法ですが、高い効果が得られるとして注目されています。

温冷洗顔美容とはどんな洗顔?

温冷洗顔美容とはどんな洗顔?

温冷洗顔美容はお湯と冷水を交互に使って洗顔することです。

毎日続けて行う事で美肌になったり、アレルギーが改善されたりするという効果が期待できます。この温冷洗顔美容の原理は温冷浴と言われる入浴法と同じといわれています。つまり、温度の異なる環境を肌に与えることで皮膚や血管の収縮と弛緩を促し、血行や代謝サイクルを改善するというものです。

短時間で効率的に老廃物を排出する方法としても知られており、入浴では全身の調子が良くなることで知られています。入浴ではなく、洗顔だけで行っても顔の皮膚と血行を刺激するため、美肌効果があります。手軽に行える美容法ですが、高い効果があることが知られ、とくに毎日化粧をする芸子さんの肌を保つ秘訣として行われることが多いともいわれています。

何回洗顔すれば良いの?

 何回洗顔すれば良いの?

温冷洗顔美容の方法は温かいお湯で10回洗い、その後冷水で10回洗うことが1サイクルです。これを3サイクル行うことが基本的な回数と言われています。この回数は最低限の回数なので、これ以上増やす分にはかまいません。

毎日化粧をする人や肌荒れがきになる人は5サイクルから10サイクルを行うことでより早い効果が実感できるでしょう。

温冷洗顔のやり方とポイント

【1】1サイクル20回の洗顔

1サイクル20回の洗顔

やり方のポイントは使う水の温度にあります。

温かいお湯は38度から40度くらいが適温です。一方、冷水は10度前後が理想です。二つの容器にお湯と冷水を入れて、交互に洗うようにします。洗顔のときにお湯や冷水を流しながら行う人もいますが、できれば洗顔をするときには流水ではなく溜まった水で行うことをおすすめします。

これは水道代の節約ということではなく、流れる水よりもすくった水の方がより高い洗浄効果があるといわれているからです。何度も同じ水を使って洗顔することに不快感を感じる人は洗顔の最後に流水で洗うようにしましょう。

【2】最後は冷水洗顔で終える

最後は冷水洗顔で終える

さらに、温冷洗顔のポイントは、最後に冷水で終えるということです。

これにより、皮膚と血管が収縮し毛穴が目立ちにくくなります。さらに、冷やされた肌は自力で温まろうとその後に多くの血液を送るようになります。

結果として、この作用が老廃物の排泄と促し、血流改善によって細胞の新陳代謝を高めることになります。さらに、温かいお湯で洗顔すると温められた肌から急速に水分が蒸発し、そのために乾燥することがあります。

冷水で洗顔を終えると、そのような過剰な水分蒸発を防ぐ効果もあります。温冷洗顔が成功すると、洗顔してタオルで顔を拭いているときに顔に温かい血液が流れていることが感じられます。

【3】気持ち良さで効果も上がる!

気持ち良さで効果も上がる!

そしてもっとも大切なポイントは何と言っても「気持ち良さ」を感じることです。

洗顔とは本来、気持ちよく行うものです。義務的に行ったり、暑すぎるお湯や冷たすぎる冷水で我慢をして行うものではありません。人肌より少し温かい温度やひんやりとした感覚を楽しめる温度で行いましょう。

これは心理的な作用の点からおすすめしているのではなく、物理的、肉体的な意味があることです。私達の体は熱さ、冷たさを強く感じると筋肉が過剰に硬直し、血管の収縮性が乏しくなります。

このような状態ではどのような美容法を行っても、薄い効果になってしまいます。これはせっかくの効果や効能が全身に運ばれにくくなるためです。

温冷洗顔を楽しんで行うこと、そして気持ち良さを感じながら行うことが大切

温冷洗顔では単純な洗顔の繰り返しですが、これにより顔の血管が大きく収縮すると顔だけでなく全身の血流がよくなり、美肌になったり、むくみを解消する効果が期待できます。

そのため、より高い効果を期待するのであれば、温冷洗顔を楽しんで行うこと、そして気持ち良さを感じながら行うことが大切です。

PR