切実!凸凹クレーター肌を治したい! 肌クレーターの原因と自分でできる治療法
495views

切実!凸凹クレーター肌を治したい! 肌クレーターの原因と自分でできる治療法

"凸凹のクレーターみたいな肌になってしまったらショックですよね。クレーター肌を治すには時間がかかります。 こちらでは、肌クレーターの原因と自分でできる治療法をご紹介しますので、ツルツル美肌を目指して試してみてください。"

頬が凸凹でクレーターみたいになっているのは、肌トラブルのひとつですが、治療には時間がかかると言われています。肌クレーターの原因と自分でできる治療法をご紹介しますので、どのようなケアが必要なのかご覧ください。

肌クレーターってどんな肌?

クレーター肌は肌トラブルで手触りが凸凹やごつごつしてしまう状態

月の表面は隕石などが衝突して実は凸凹しており、滑らかではありません。この凸凹やくぼ地のことをクレーターといい、肌クレーターとはこれに由来しています。肌クレーターの凸凹はお肌のトラブルによって引き起こされるもので、肌触りはごつごつした感じがあります。
かなりひどい場合には赤くなることもあり、こうなると精神的にかなり落ち込むこともあるでしょう。

肌クレーターは病院で治療することもできます。治療する場合には、レーザーやピーリングなどを用いることが一般的ですが、劇的な効果はないとも言われています。
肌クレーターは自分で改善する方法もありますので、まずは原因を知って、自分でできることを手始めにやってみてはいかがでしょうか?

肌クレーターになってしまう原因

肌質に合っていない化粧品や合成界面活性剤入りの洗顔フォームの使い過ぎも肌荒れの原因

肌クレーターになってしまった原因として、多くの場合、にきびや吹き出物を潰してしまったことにあります。
にきびや吹き出物を潰すと活性酸素が刺激され、きれいな皮膚まで傷つけてしまいます。さらにダメージのせいで皮膚が硬くなってしまい凸凹が生まれる原因になります。
自分の肌質に合っていない化粧品を長期間、多種類使い続けることも肌トラブルを引き起こし、ひどい場合には肌クレーターにまで悪化させる原因になります。例えば、オイリー肌の人がしっとり系のスキンケアをたくさん使い続けたら油分過多になってしまい、こういったトラブルを引き起こすことがあります。

間違ったニキビケアも肌クレーターを引き起こします。例えば洗顔のし過ぎです。洗顔はどうしても皮膚をこすったり刺激を与えてしまうので、それが原因で皮膚がダメージを受け肌クレーターになることがあります。
合成界面活性剤入りの洗顔フォームを使うことも原因のひとつです。合成界面活性剤とは、食器洗い洗剤などに含まれている油分と水分が両方配合された汚れ落としです。洗浄力が強いので、除菌殺菌にはもってこいですが、冬場などは洗い物で手が荒れたりしますよね。これは手の潤いまでも奪ってしまっているからで、そういったものが洗顔に使われていたら、肌がボロボロになってしまっても不思議ではありません。

肌クレーターを改善させるには?

唐辛子やにんにくに含まれるビタミンB6にはニキビの跡になるチロシナーゼの発生を抑える働きがある

肌クレーターを改善させるには、まずはお手持ちのスキンケア商品が自分のお肌に合っているかどうか確かめてみることが先でしょう。また、どのような肌タイプであっても低刺激のものや無添加のスキンケア商品がオススメで、上記でもご説明した通り、合成界面活性剤の含まれていないスキンケア商品を選ぶことがポイントです。

肌の乾燥は肌のターンオーバーを乱すことにつながりますので、特に大人ニキビの場合には保湿をしっかりすることも大切です。
ビタミンB6にはニキビの跡になるチロシナーゼの発生を抑える働きがあります。ビタミンB6が多く含まれる食べ物は、唐辛子やにんにく、ピスタチオ、まぐろや牛レバー、酒粕などがありますので積極的に摂るようにしてみましょう。
ただし、大量に摂取すると神経の障害を引き起こす可能性がありますので、過剰摂取は避けてください。

http://www.tvert.jp/news/393
肌クレーターの対策が載っています。こちらのリンク先にも載っていますが、肌クレーターは長期戦であり、コツコツと毎日の積み重ねが大切なので、すぐに結果が出ないからといってあきらめず、根気よく続けてみることがポイントです。

PR