つるつるすべすべの肌を手に入れよう!美肌菌にいい洗顔方法をご紹介!
61views

つるつるすべすべの肌を手に入れよう!美肌菌にいい洗顔方法をご紹介!

今女性の間で話題になっているのが「美肌菌」!この美肌菌を増やすとお肌に良いことが起こるそうなんです。しかし、普通の洗顔方法だとだめらしいのです。そこで、今回は美肌菌を増やすことができる洗顔方法をご紹介しちゃいます。美肌菌にいい洗顔の方法をマスターしてツルスベ肌を手に入れちゃいましょう!

美肌菌にいい洗顔の前に・・美肌菌って!?

美肌菌にいい洗顔の前に・・美肌菌って!?

菌と聞くと汚いイメージや、肌には良くないイメージがありますが、美肌菌は違います。

美肌菌は今女性たちの間で話題になっている菌のことで、多くのメディアでも注目されています。この菌は常に肌に存在している常在菌と呼ばれる菌の一種です。美肌菌は、肌のキメを細かくしてくれたり、肌を乾燥から守り常に保湿をしてくれる働きを持っている菌です。

美肌菌は、私たちの肌から分泌される皮脂を保湿成分であるグリセリンと呼ばれる成分に作り替えてくれる優秀な菌です。このグリセリンは化粧品にも使われている成分で、この成分が自分の皮脂から作られているなんて驚きですよね。

もしかしたら、美肌菌をうまく増やすことができれば、化粧水は必要なくなるのかもしれません。

正しい方法で洗顔しない美肌菌がいなくなってしまう!

正しい方法で洗顔しない美肌菌がいなくなってしまう!

美肌菌は誰の肌の上にもいる菌です。

誰でも持っている菌なのに自分の肌がきれいじゃないのを疑問に思いませんか?

美肌菌が肌にいる量というのはもちろんもともとの個人差がありますが、洗顔方法が大きく関係しています。間違った洗顔方法で洗顔している方は、洗顔によって美肌菌を洗い流してしまっているのです。そのため、良かれと思って洗顔を一生懸命していても方法が間違っているとどんどん肌の状態は悪くなっていくということです。

では、正しい洗顔とはどのような洗顔なのでしょうか?

美肌菌を増やすぞ!正しい洗顔方法!

洗いすぎに気を付けて!

洗いすぎに気を付けて!

一日朝と夜二回、どちらも洗顔フォームを使ったり、夜はクレンジングオイルを使ったりして洗顔していると思います。多くの人がこのように洗顔をしていると思いますが、これだと実は洗いすぎになってしまうんです。

これで洗いすぎならどうしたらいいの?と思う方もいると思います。

正しい洗顔方法では、一日洗顔するのは多くて2回、メイクをしていない場合は洗顔フォームを使わない洗顔で十分顔の汚れは落とせます。汚れが取れていないようで気持ち悪いとおもかもしれませんが、皮脂は肌のうるおいを守るために重要な働きをします。

ある程度は残しておいても問題はありません。クレンジングオイルを使う場合にはなるべく肌への負担が少ない自然由来のものや、弱酸性のものを使うようにしてください。

お湯の温度や洗い方にも注意!

お湯の温度や洗い方にも注意!

美肌菌はデリケートなので、洗顔の時のお湯の温度や実際に洗顔するときの行い方など細かいところにも注意が必要です。

お湯の温度は、体温よりも少し高い温度のぬるま湯が良いです。肌の皮質は低い温度で溶け出すので、高すぎる温度のお湯で洗ってしまうと肌の負担になってしまいます。

また、基本中の基本かもしれませんが、洗うときには肌をこすって洗うのは避け、やさしくぬるま湯を顔にかけるイメージで洗いましょう。洗顔フォームを使いたい場合には、しっかり泡立ててやさしく洗うようにしてください。

肌が痛む大きな原因の一つにはこうした洗う時の摩擦が考えられるので、徹底するようにしてください。

PR