メガネ拭き洗顔は刺激が強い?!週一度のスペシャルケアとして行い、洗顔後は普段よりも十分な保湿が必須!
3,533views

メガネ拭き洗顔は刺激が強い?!週一度のスペシャルケアとして行い、洗顔後は普段よりも十分な保湿が必須!

メガネ拭き洗顔はメガネ拭きを使って洗顔する美容法です。肌の汚れがメガネ拭きの細かい繊維で落ちるため、肌がきれいになります。しかし、あまり強く擦りすぎると刺激が強すぎて、反って肌の乾燥やトラブルの元になります。洗顔は週一度程度にし、洗顔後はしっかりと保湿しましょう。

メガネ拭き洗顔とは?

眼鏡ふきのきめ細かい繊維を利用した洗顔方法

メガネ拭き洗顔はメガネ拭きを使って、普段の洗顔では落ちない汚れや毛穴の汚れを綺麗にしてくれるという洗顔方法です。やり方はいつも使用している洗顔剤を十分に泡立て、その泡をメガネ拭きで顔の気になる部分を優しく洗うという方法です。ポイントとしては、肌に強い刺激を感じたら止める、あくまで優しく、なでるように泡を肌に付けるように洗うことです。

メガネ拭き洗顔の効果

メガネ拭き洗顔は敏感肌の人にはおすすめできない

定期的にメガネ拭き洗顔を行うことで、肌がきれいになったという口コミが多いメガネ拭き洗顔ですが、中には刺激が強いために肌が荒れてしまった、という人もいます。
普段から濃いメイクをしている人はメガネ拭き洗顔で毛穴に入ったメイクをきちんと落とすことで、肌の健康を取り戻すことができるというメリットがありそうです。一方で普段から薄いメイクをしている人やメイクの刺激で肌トラブルがあるような敏感肌の人には向かない洗顔法のようです。

なぜメガネ拭き洗顔で汚れが落ちるの?

メガネ拭き洗顔で汚れが落ちるのは、メガネ拭きの生地が細い繊維で作られており、その細かい繊維が毛穴や皮膚の細かいすき間に入り込み汚れを取り除いてくれるからです。そのため、使用するメガネ拭きはできるだけ、細い繊維で作られているものを選びましょう。

メガネ拭き洗顔は肌に悪くないの?

メガネ拭き洗顔の不安なところは、メガネ拭きのために作られたものであるために、布を漂白するときに使用される漂白剤や消毒成分のアルコール、そして界面活性剤などの化学物質が含まれている場合があるため、「肌に触れても大丈夫なのか」ということです。

消毒成分としてのアルコールは一般的なものなので、それほど心配はいりませんが、問題は界面活性剤や漂白剤です。
メガネ拭きの中にはくもり止めの効果を謳ったものがありますが、この場合は界面活性剤が入っている場合があります。界面活性剤は多くの洗顔剤にも入っているものですが、多く使うことで肌の乾燥を引き起こすと言われています。新たな肌トラブルの原因を作らないためにも、できるだけ、シンプルなメガネ拭きの商品を選ぶようにしましょう。

また、メガネ拭きに使われている繊維が漂白剤を使用している場合、皮膚を通じてその薬剤が体内に入る恐れがあります。そのため、メガネ拭きだけを皮膚に強く擦ることを避けましょう。

ニキビや毛穴の黒ずみなど肌トラブルが多いところだけに使用するようにしましょう。

顔からの経皮毒は手足の3倍!

顔の皮膚は3~5倍程度吸収率が高い、薬剤成分を吸収しやすいので良い化粧品を使うべきです。

手足の皮膚に比べて、顔の皮膚は敏感だと感じる人も多いでしょう。その理由の1つは顔の皮膚は手足に比べて、より多くの薬剤成分などを吸収しやすいからなのです。
具体的には腕の吸収率を1とすると、顔の皮膚は3~5倍程度吸収率が高いと言われています。そのため、肌に良いもの使ったときには高い効果が得られますが、反対に、皮膚に毒になるようなものを与えると、その悪い影響も大きくなるということです。
そのため、顔に使用するメガネ拭きの成分には注意してメガネ拭き洗顔を行うようにしましょう。

メガネ拭き洗顔、仕上げの保湿はたっぷりと

メガネ拭き洗顔は毎日すると肌に刺激が強く、乾燥肌の原因になるおそれがあるので、週に一度程度の特別なケアとして取り入れるほうが無難です。
また、メガネ拭き洗顔の後は肌に多くの負担がかかっているので、普段よりもより多く保湿をすることを心がけましょう。
コツとしては一度にたくさんの化粧水や乳液を使うよりも、30分から1時間おきに保湿することを繰り返すことです。こうすることで、肌に長い時間水分を与えることができます。

オイルを使って保湿の効果をUP!

眼鏡ふき洗顔の後はデリケートなお肌をオイルなどでしっかり保湿して

肌のトラブルの原因の多くは乾燥によるものであることがわかっています。
そのため、洗顔後はしっかりと保湿することが基本とされています。しかし、この保湿で必要なのは水分だけではありません。
最後はオイルを使って保護することで水分が皮膚から蒸発するのを防ぐことが大切です。

PR