うるうるプルプルのくすみ知らずの唇を!唇のくすみを治す方法は?
32views

うるうるプルプルのくすみ知らずの唇を!唇のくすみを治す方法は?

血行の良いきれいな唇は、女性なら誰もが憧れますよね。うるうるプルプルでも唇がくすんでいたら残念ですよね。そこで、今回は、女性が憧れる、そして男性がキスをしたくなるような血行の良いきれいな色の唇になるために、唇のくすみを治す方法を中心にまとめました。血行の良いきれいな色の唇はリップいらずですよ。

顔色も唇次第!?

顔色も唇次第!?

顔の印象は目などの方が印象深いのかと思われがちですが、実は唇も人の印象を付けるためには大きな部分になります。唇の色が悪いと、顔色も良くありません。一方で、きれいな唇の印象があると、それだけで顔がぱっと華やかになるのは唇の色が華やかだからです。

綺麗な唇の印象って?

綺麗な唇の印象って?

ぷるぷるウルウルしてる唇ももちろん女っぽく見えますが、何もしなくても、血色の良い自然のピンク色をしていることが大切です。さらに、唇につややみずみずしさで顔全体の印象が残ります。

どうして唇がくすんでしまうの?

年齢を重ねるとともに、唇も肌と同様にくすんでしまったり、しわになってしまったりします。

唇がくすんでしまう原因は、限定することができません。いくつかの要因が重なりあって、唇をくすませてしまうのです。まずは、その原因と唇のくすみを治す方法について調べていきましょう。

紫外線による紫外線のくすみ

紫外線による紫外線のくすみ

唇は皮膚がとても薄く、紫外線のダメージをもろに受けやすくなってしまっています。

唇も日に焼けてしまうので、メラニン色素が沈着して黒ずんでみえてしまいます。さらに、皮膚が紫外線によって乾燥してしまい、しわが増えてしまうことで、余計にくすんで見えてしまうのです。

メイク落としのダメージによるもの

メイク落としのダメージによるもの

口紅をメイク落としで落とすときに、唇をごしごしとしてしまってはいませんか?

そうすると、唇に強いダメージを与えてしまいます。皮膚が薄い分、そのダメージが直に唇にかかってしまいます。もう一つは、きちんと口紅を落としていないということもあります。

口紅は、食事をしたとき、飲み物を飲んだときなどで落ちてしまうことがあり、口紅が落ちていると勘違いしてしまうで、きちんとメイクを落としていないことによって、ダメージを残したままになってしまうのです。

摩擦などのダメージによるもの

唇はどうしても舌でなめてしまったり、水に濡れたらタオルで拭いたり、食事の後にナプキンで拭いたりとダメージを受けるタイミングが多くなります。

皮膚が薄いのいので、そういったダメージをもろに受けてしまうのです。さらに、その摩擦を防ぐために、リップクリームをつけすぎると、それもまた唇自体の再生力を衰えさせてしまいます。

唇のくすみをなくしてきれいな唇を取り戻そう!

唇は、再生力がほかのところに比べると低い方です。ですから、こまめなケアが大切になります。唇のくすみを治す方法を調べていきましょう。

保湿ケアを!

保湿ケアを!

唇もほかの肌と同様に、何よりも保湿が必要です。水分があれば、その分皮膚に対してのダメージが少なくなります。

水分が、クッションの代わりになるのです。寝る前に、唇にパックをしたりすることで、保湿効果が高くなります。もちろん、保湿効果のあるリップクリームを選ぶ、なども大切ですね。

血行を良くする心がけを!

唇の皮が薄いので、唇の血色がそのまま唇の印象となります。

ですから、普段から、体全体の血行を良くすることが大切です。血の巡りを良くさせるためには、体を冷やさないようにすること、脂質の多い食べ物を食べないようにすること、また適度な運動をするようにすることなど基本的な生活を見直すことも大切です。

PR