自分のお肌がもっちりぷるっと蘇る!簡単!乳液ピーリングの方法とは?
95views

自分のお肌がもっちりぷるっと蘇る!簡単!乳液ピーリングの方法とは?

自分のお肌がもっちりとなったり、みずみずしいぷるぷるのお肌になるのに、今注目なのが乳液ピーリングです。自宅で簡単に出来るけれど、普段使っている乳液を使うので、お肌のトラブルも安心です。そこで、今回は、乳液ピーリングの方法とその効果についてまとめました。コストもかからなく、自宅に簡単エステですよ!

乳液ピーリングって?

乳液ピーリングって?

ピーリングというと、肌の古くなった角質を除去し、お肌をやわらくして綺麗な肌にするためのフェイスケアのひとつです。

角質除去はとても大切なことですが、実際のピーリングとなると、本来角質がそこまでない場所までも無理に角質を取ろうとしてしまうイメージはありませんか?

実際に、ケミカルピーリングにいたっては、本来の肌にケミカル(つまり化学薬品)を使用して、角質を溶かしてしまったりすることがあり、敏感肌であったり乾燥肌のタイプの方にとって、保護膜までも取り除いてしまう可能性もあるのです。

ただし、そうはいっても、必要のない角質は除去したいですし、角質を除去して基礎化粧水が浸透しやすい環境も作りたいですよね。そんな悩みをお持ちのかたにとって、ぜひ試して頂きたいのが乳液を使った乳液ピーリング。

そこで、今回は、乳液ピーリングの方法について調べてみましたよ。

用意するものは?

用意するものは?

まず、用意するものは、いつも使っている乳液です。いつも使っている乳液なら、初めて使うものではないので、自分の肌に合っていることが分かっていますので安心ですね。

そして、もう一つが蒸しタオル。蒸しタオルでなければ、入浴中に乳液ピーリングをするようにする手段もあります。要は、乳液ピーリングをする前に、角質を取り除くために毛穴を開かせる必要があるからです。

まず最初にやっておくこと。

これからピーリングをするわけですから、当然のことながら、洗顔などを済ませておく必要があります。それは忘れてはいけませんよ。

たーっぷりと乳液を伸ばしましょう

まず洗顔した後に、自分の顔にたっぷりと乳液を伸ばしていきましょう。顔の内側から外側にかけて円を描くように、ゆっくりとマッサージをしながら伸ばしていきます。

このときは、あくまでもこの乳液を使って、肌に乳液をしみ込ませる、肌をふやかせるというようなイメージを持つと分かりやすいかもしれません。あくまでもマッサージ重視ではなく、毛穴をふやかせるようなイメージで優しくしてあげましょう。

熱めの蒸しタオルでさらにふやかせる

熱めの蒸しタオルでさらにふやかせる

顔全体、出来れば首のリンパ辺りまでマッサージができると良いのですが、伸ばした乳液をつけたまま、次に少し熱めのタオルで顔全体を温めていきましょう。このときは、きちんと角質が取り除けるようにゆっくりと顔に蒸したタオルを押し当てていきましょう。

タオルで拭いて角質をとろう

顔全体をふやかしたタオルを、今度はゴシゴシさせずにゆっくりと拭いていきます。蒸したタオルで乳液を拭くことで、角質を取り除くことができさっぱりするかもしれません。

最後はいつものケアを

きちんと乳液を拭ききれいになったお顔に、今度は化粧水を浸透させていきましょう。いつもよりも浸透力が上がったように感じることが出来れば、乳液ピーリングは成功ですね。

万が一、乳液が少し脂っぽく感じたり、乳液が取り除けていないようでしたら、もう一度洗顔してもかまいません。

次の日からプルプルモチモチに!

次の日からプルプルモチモチに!

PR