ビニール肌とはどんな肌でしょう?その原因と改善方法とは?
36views

ビニール肌とはどんな肌でしょう?その原因と改善方法とは?

ビニール肌とはどんな肌?一見透き通ったきれいな肌ですが、実は、お手入れのし過ぎでキメのなくなった肌をいいます。どんなお手入れをするとビニール肌になるのでしょうか?その原因と改善方法などについて、詳しく見ていきましょう。

ビニール肌とはどんな肌でしょう?

ビニール肌とはどんな肌でしょう?
透き通ったきれいな肌で、ツルツルしていて見た目にも「素敵!」と思われている肌。実は、お手入れのし過ぎでキメがなくなってしまった肌で、ビニール肌といいます。

角質がなくなってしまった状態で、キメがなく洗顔するとつっぱるような感じがします。ひどくなると、ピリピリとした痛みを感じるようになるので注意が必要です。

ビニール肌になる原因はなんでしょう?

ビニール肌になる原因は、スキンケアのやりすぎが多いようです。熱心にお手入れしている人にビニール肌の人が多いのです。ていねいに洗顔しようとゴシゴシこすったり、クレンジングでマッサージをしたりと必要以上に油分を取ってしまうのです。また、ニキビや肌荒れを古い角質と思って、ピーリングをしすぎてビニール肌になってしまう人もいるようです。

ピーリングと角質について

ピーリングと角質について

ピーリングというスキンケアで、古い角質をはがしてニキビや肌荒れを予防する人がいるようですが、実は、古い角質をはがして新しい角質になったことで、肌が薄くなりニキビや肌荒れの原因を作っている場合があるのです。

肌の表面は角質層でおおわれています。乾燥や様々な刺激から肌を守ってくれています。角質層は約28日でターンオーバーします。つまり、古い角質層はだまっていても剥がれ落ち、新しい角質層に生まれ変わります。

もし、ピーリングを繰り返していると、古い角質層が剥がれ落ちるのが早くなります。はやく剥がれると、次の角質層は、十分に育っていない層なので、刺激に弱く、乾燥や肌荒れの原因になります。

すると、また剥がれやすくなり、次の角質層も未熟なままになります。この繰り返しがビニール肌を呼び、しいては肌荒れなどにつながっていきます。

ターンオーバーが短いと起こす主なトラブル

ターンオーバーが短いと起こす主なトラブル

ターンオーバーが短いのはなぜか?それはピーリングなどのスキンケアのやりすぎで古い角質をはがしてしまうということで起こります。では、ターンオーバーが短いとどんなトラブルがおきるのでしょうか?

短い周期でできた角質は、肌を守る力が弱くなります。弱いと、水分が少ないので、乾燥肌になり角栓ができやすくなります。皮脂の調整がうまくいかず、つまってニキビの元になります。細胞がやせているので、キメが乱れがちで、毛穴が目立つようになります。

バリア機能が弱いため、敏感肌となり、赤みやかぶれが出やすくなります。皮脂がつまるので、黒ずみやごわごわとした感覚になります。過剰なスキンケアはビニール肌を引き起こし、やがては様々なトラブルを起こしてしまいます。

ビニール肌の改善方法は?

ビニール肌の改善方法は?

肌への負担を減らす方法

ビニール肌になってしまったら、とにかく肌に刺激を与えないことです。お手入れのし過ぎが原因かもしれないので、肌にこれ以上何もしないことです。顔を洗うとき、拭くときにはゴシゴシとこすらないように気をつけましょう。

肌につけるクリームなどは、刺激物や添加物のないものが好ましいです。メイクはなるべくなら避けましょう。クレンジングもよくありません。顔を洗ったら、脂分を少し残すくらいにしておくといいでしょう。

角質培養について

ビニール肌の改善方法に角質培養という効果的な方法があります。スキンケアを一時的にやめて、肌のターンオーバーを促して健康的な角質を取り戻す方法です。

角質培養では、古い角質が残り、皮脂がたまったりツヤがなくなったりしますが、その下の新しい角質を育てるためには必要なことです。何度か繰り返しているうちに健康的な肌になっていきます。

最後に

最後に

ビニール肌とは何かを見てきました。スキンケアもやりすぎるとこのようなビニール肌になってしまうかもしれませんね。大事な顔です。健康的なターンオーバーができるよう気をつけましょうね。

PR