毎日やったらいけないの?クレイパックの効果的な頻度って?
47views

毎日やったらいけないの?クレイパックの効果的な頻度って?

クレイパックの効果的な頻度は最初のうちは3日1回から1週間に1回くらいが良いと言われています。また、クレイの種類によっても水分調節が難しいために肌に負担になる場合があるとも言われています。しかし、コツがわかるようになれば、どのようなクレイでも毎日行っても大丈夫になります。

クレイパックの効果的な頻度ってある?

クレイパックの効果的な頻度ってある?
クレイパックは泥に含まれたミネラルで肌の調子を整えることを目的に行うパックです。

肌の状態にもよりますが、適度なミネラルを毎日補給することで紫外線やニキビ、シミやくすみなどの肌トラブルに負けない肌になることが期待できます。

しかし、安全で肌に良いと言われたクレイパックを毎日行った結果、肌が荒れたり、炎症を起こしてしまったという人も少なくありません。

なぜ、このようなトラブルに合ってしまったのでしょうか。その原因はクレイパックを行う頻度に問題がある、と指摘する人もいます。

クレイパックは毎日すると肌トラブルの原因になる?

クレイパックは毎日すると肌トラブルの原因になる?

本来、クレイパックは天然の泥からできており、高いミネラル分があるため、毎日行っても肌トラブルを招くことはないと言われています。

しかし、クレイの原産地やクレイの種類によっては強い乾燥を引き起こしたり、刺激になることもあります。

このようなクレイパックのトラブルを避けるためにクレイパックの頻度を3日1回から1週間に1回程度に止めるようにすることを進めている美容家もいます。

クレイによっては乾燥の原因になることも

クレイによっては乾燥の原因になることも

とくに、乾燥地帯で多くのミネラル分を含んでいると標榜しているクレイを使ったパックでは肌に刺激になることが多いと言われています。これはもともとのクレイの乾燥や砂のサイズにも関係します。

乾燥地帯の砂は細かい穴が空いていることが多く、一旦水分を含んでも中の小さな穴まで水が浸透するまで時間がかかることがあり、そのために適正な水分量でパックのためのクレイを作ることができないこともあります。

高いミネラル分のあるクレイでパックするときには水を十分に含ませて、その後、しっかり練るようにします。パックするときには粘性が高いほうが扱いやすいですが、クレイパックではパックが乾燥することで肌への負担が大きくなってしまいます。

そのため、少し緩いくらいで作ることを意識しましょう。

パックして肌の細胞の水分状態を意識する

パックして肌の細胞の水分状態を意識する

クレイパックに慣れてくると、肌への刺激具合がわかるようになりますが、最初のうちは適正な効果なのか、それとも肌へ負担になっているのか、の違いがわかりにくいため毎日行うことはおすすめできません。

とくにクレイパックでは肌の細胞に水分が行き渡る感じ、というのを実感することが大切です。もともとの肌のミネラルが著しく不足している場合や水分バランスが悪い場合には、この細胞のささいなサインを受け取ることができず、長い時間クレイパックをしてしまいがちです。

クレイパックは長い時間行っても問題はありませんが、乾燥した場合には適度な水分をスプレーを使ったり、緩いクレイをのせることでパックが乾燥しないように水分を調節する必要があります。

最初の数回は驚くほど早くクレイがボロボロに

最初の数回は驚くほど早くクレイがボロボロに

また、乾燥肌の人はとくにこのクレイを乾燥させないでいる、ということが難しいと言われています。

そのため、最初の数回はパック時間を極力短くするか、ゆるいクレイで試すようにしましょう。普通の肌の人でも最初の3回はクレイパックがうまくいったように感じない、と言われています。

そのため、乾燥肌やトラブル肌の人では最初の5回から10回程度はパックしたクレイの質感が変わってきたら洗い流す、というくらいの気持ちで行いましょう。ミネラルが失われたクレイパックは驚くほど、吸水性が低下し、まとまりが悪くない、ボロボロと剥がれ落ちるようになります。

このような状態になったら、肌にミネラルが吸収されたということです。最初はクレイのミネラル分が少ないのではないか、あるいは質が悪いのではないか、と不安になるかも知れません。

しかし、クレイパックの回数を重ねるごとに、このようなパックがボロボロと乾燥するまでに時間がかかるようになるので安心してください。

PR