泥パックの効果とやり方を知りたい!美白もできる泥パック
41views

泥パックの効果とやり方を知りたい!美白もできる泥パック

毛穴につまった汚れを取り除いたり、美白効果があったりと、泥パックの効果はたくさん!ミネラルたっぷりの泥パックでつやつや&美白になって肌を若返らせてみませんか?泥パックにはどのような効果があるのか、泥パックのやり方や作り方などを詳しくご紹介します。

毛穴ケア、美白、泥パックの効果はたくさん♪

パックをしている顔はあまり見たくないけれど、美容に良い泥パックには多くの効果があります。泥パックの効果ややり方、作り方などを詳しくご紹介しましょう。

泥パックの効果は?

 泥パックの効果は?

泥パックには多くの美容効果があります。毛穴ケア、美白、ニキビケアの3つの美容効果について詳しくご紹介しましょう。

【毛穴ケア】

泥パックを使うことで、毛穴の奥の部分まで泥が入り込みます。これによって、毛穴につまっている汚れを吸着し、毎日の洗顔で落とすことができない汚れや黒ずみのケアをすることができます。泥パックによって、古い角質や余分な皮脂を取り除くことができます。

【美白】

泥パックの成分である泥には、ミネラルがたっぷりと含まれています。このミネラルの力によって、美白効果が得られます。肌をワントーンあげたいのであれば、泥パックがおすすめです。

【ニキビケア】

泥パックをすることによって、毛穴につまった余分な皮脂を取り除いてくれます。ニキビができるのを防ぐ効果も期待できます。

泥パックのやり方

泥パックのやり方

泥パックをするときは、市販されているものを購入してもよいですし、手作りの泥パックでケアをしてもよいでしょう。手作りの泥パックは、市販のものよりも安くできるので、コストパフォーマンスが良いですよ♪

【泥パックの基本的なやり方】

①泥パックが固形タイプのものは、水でペースト状になるまで溶きます。
②洗顔後の肌に、のばしながら泥パックをのせていきます。
③泥パックが乾燥してきたら、ぬるま湯で洗い流しましょう。
④化粧水と保湿クリームでスキンケアをして完成です。

【泥パックの基本的なやり方】

泥パックをするときは、パックをする時間に気をつけましょう。泥のパックが水分を含んでつやつやしている状態を保ち、乾燥してきたらすぐに落とすことが大切です。乾燥をしたままパックをし続けると、シワの原因となってしまうため、せっかくのケアの意味がなくなってしまいます。パック時間には気を付けて、泥パックを楽しみましょう。

泥パックの作り方

泥パックの作り方

泥パックを手作りをして、スキンケアをする方法をご紹介しましょう。まずは、泥の種類をご紹介します。

・カオリン
白色の泥で、敏感肌や乾燥肌の方に向いているタイプのものです。初めて泥パックを手作りするという方は、使いやすいのでカオリンを選ぶとよいでしょう。肌にやさしく、炭酸ガスを吸収してくれるのが特徴です。

・モンモリオナイト
緑色の泥で、汚れを吸収する力が強いタイプのものです。毛穴の余分な皮脂を取り除いてくれるため、ニキビケアをしたい方におすすめの泥です。

・ガスール
茶色の泥で、マグネシウムやミネラルの成分が高いタイプの泥です。しっとりする泥で、毛穴を引き締める効果が期待できます。

【泥パックの作り方】

【泥パックの作り方】

①クレイを大さじ2杯、グリセリンかはちみつを小さじ1杯、好きなアロマの精油を2滴入れます。
②全体を混ぜ合わせるように、水を5cc入れてできがありです。

やわらかいペースト状の泥パックを作ることがポイントです。泥パックをつくるときは、水分の量を調整しながら行ってください。季節によって室温が異なるため、水の量が異なります。

PR