酸化した油でできたいちご鼻をすっきりさせるためには良質な油が効果的!
151views

酸化した油でできたいちご鼻をすっきりさせるためには良質な油が効果的!

いちご鼻をすっきりきれいに落とすにはひまし油でマッサージして拭き取る方法がもっとも簡単で有効です。いちご鼻は酸化した油の黒ずみが原因で目立っているため良質な油で汚れを落とすことが大切です。ひまし油は冷間圧搾と明記されている高品質なものを選んで使用しましょう。品質の悪いものは臭いやべたつきがあります。

いちご鼻をすっきりさせるには?

いちご鼻をすっきりさせるには?

いちご鼻は鼻のトラブルの中でももっとも多く、そしてやっかいなものです。

一旦いちご鼻になってしまうとなかなか改善しないばかりか毛穴はますます大きくなり、どんどんいちご鼻になりやすくなります。いちご鼻の原因は古くなった角質が酸化して黒ずんでしまうことです。このような酸化が起こってしまうのは肌が乾燥するためです。

乾燥した肌は水分の蒸発を防ぐために肌の表面に皮脂を出して保湿を試みます。その皮脂が時間がたつことで酸化して黒ずんでしまうのです。このような古い酸化した油からできた黒ずみをすっきりときれいに取り除くためには良質な油がもっとも効果的です。

酸化した油は酸化しないひまし油で落とす!

酸化した油は酸化しないひまし油で落とす!

良質な油とは植物から取れた油で酸化に強く、そして老廃物を除去する力が強い油です。

しかし、多くの油は空気に触れるとみるみる酸化してしまいます。油の中でもたった一つ、非常に酸化しないと言われている油があります。それはひまし油です。

英語ではカスターオイル、もしくはキャスターオイルと呼ばれ、一時話題になったオイルです。さらにひまし油には細胞を再生させる力があると言われているため、肌に塗ることで皮膚の再生サイクルが早くなりシミや傷などが早く治ると言われています。酸化せず、さらに老廃物の除去に効果的であることからひまし油でいちご鼻をマッサージするするとすっきりときれいになると言われています。

いちご鼻ケアで絶対にしてはいけないこと!

いちご鼻ケアで絶対にしてはいけないこと!

いちご鼻が気になったときに、もっともしてはいけないことは素手で不用意に鼻を触ることです。また、角質を無理に掻き出す行為も絶対にやってはいけません。角質の穴が広がったり、雑菌が繁殖して炎症やニキビの原因になるからです。そのため、いちご鼻は手を清潔にしてからケアすることが基本です。

いちご鼻をひまし油で解消する方法

いちご鼻をひまし油で解消する方法

いちご鼻を改善するためには洗顔後、水気を軽く拭いて、手に1円玉ほどのひまし油を手に取ります。鼻にひまし油をつけて気になる部分を中心にマッサージします。徐々に角質が取れてきたら、キッチンペーパーなどで拭き取ります。

再度、ひまし油を手に取り、鼻に塗り、ラップをかけます。その上から蒸しタオルを置いて10分ほどおきます。その後、余分なひまし油をキッチンペーパーで拭き取ったらケアは終わりです。

最後にお湯などで洗い流すとせっかくの油分が流れて肌を乾燥させて、またいちご鼻ができる原因になるので洗い流さずに拭き取って終わるようにします。

ひまし油は高品質なものを選ぶ!

ひまし油は高品質なものを選ぶ!

ひまし油はどろどろとしていて、どちらかというと使い勝手がよくない油だと言われています。

しかし、質のよいひまし油はどろどろしていてもキッチンペーパーなどで拭き取ると比較的すぐにべたつきは取れてしっとりします。さらに、臭いも少ないのが特徴です。反対に臭いが強いものやいつまでも肌にべたつきが残るものは質の悪い油である可能性があるので注意しましょう。

ひまし油の品質は材料はもちろん、その製造方法によって大きく異なります。高品質のひまし油は冷間圧搾(コールドプレス)で抽出されていることが明記されています。いちご鼻の他、乾燥肌やシミ、シワなどにも高い効果があるため、首やほうれい線など気になる部分につけて寝るとシワがなくなると言われてます。

PR