表情筋トレーニングの方法で大切なことは表情筋の準備体操?!
50views

表情筋トレーニングの方法で大切なことは表情筋の準備体操?!

表情筋トレーニングの方法として多くの表情の作り方やポイントが紹介されています。しかし、それらの表情筋トレーニングを始める前には準備体操が必要です。準備体操を十分に行わずに表情筋トレーニングを行っても普段から使っている表情筋ばかりが鍛えらるだけで思うような効果が得られない可能性があります。

表情筋トレーニングの方法で大切なこととは?

顔には小さな筋肉がありますが、普段生活では3割程度しか使っていないと言われています。

つまり、7割もの筋肉はそれほど使っていないのです。とくに大人になればなるほど、日常的で表情を大きく変えることがなくなるため、表情の筋力はどんどん衰えていきます。この結果、顔全体のたるみや小じわ、頬のたるみで鼻の穴の形が変わってくることもあります。このような加齢による顔の印象を変化させないためには表情筋トレーニングが必要です。

しかし、やみくもに表情筋を動かしても効果は薄く、期待するような効果を得られることはできません。それではどうすれば、効果的に表情筋を鍛えらるのでしょうか?そのためには、まずは表情筋をじっくりとほぐすことが大切です。

特定の筋肉ばかり使っているとシワができやすい!

特定の筋肉ばかり使っているとシワができやすい!

私たちは普段の生活の中で怒りや楽しみなどの感情に合わせて表情が変わります。

しかし、一般の人ではその表情の種類はあまり多くないと言われています。その理由は、普段の生活では同じような筋肉ばかりを使っているからです。例えば、俳優や人前に出ることが多い人は老けにくいと言われています。その理由の1つは顔の筋肉をバランスよく使っていることが多いからです。とくに限られた表情筋ばかりを使う人はシワやたるみ、シミなどができやすく、治りにくくなります。

これはよく使う表情筋とそうでない表情筋の血流差によるものです。

全体的に表情筋を使う場合に比べて、一部しか使わない人の場合には老廃物があまり使われない表情筋の周辺で停滞します。これにより、シワやシミなどができやすくなり、この状態が長く続くと筋肉の位置や使う筋肉部分が定着してしまうのです。

そして、このような状態で適当に表情筋トレーニングを行っても結局、普段使っている表情筋のみが鍛えられて、顔全体の表情筋を鍛えることができないのです。そのため、表情筋トレーニングを行うときにはまずは顔全体の筋肉の緊張をとり、普段使っていない表情筋を刺激することから始めることが重要なのです。

トレーニング前に行いたい!表情筋のほぐし方

【1】温める

顔全体を温めて筋肉の緊張をリラックス

表情筋のトレーニングの前にはまずは顔全体を温めて筋肉の緊張をリラックスさせることが大切です。普段よく使う筋肉は疲労のために緊張していることが多く、そしてあまり使われない表情筋は冷えて硬くなっていることがあります。最初にこれらの筋肉を温めることで筋肉の血流をよくしてあげましょう。

【2】なでる

手のひら全体を使って優しく撫でます

表情筋が温まったら、つぎは手のひら全体を使って優しく撫でます。こうして老廃物を流しやすくします。とくに顔のリンパは停滞しやすいと言われています。寝起きに顔にむくみが出やすい人はとくに意識して顔をマッサージします。このとき、ポイントは顔の中心から外側にむかって行うことです。おでこや頬、顎から顔の外側に向かって押し流すように優しくなでてきます。

【3】優しくマッサージする

優しくマッサージする

顔全体をなでて、顔全体の血行が良くなったところで、表情筋のマッサージを行います。

おでこから初めて徐々にしたに向かってマッサージしていきます。押したところで痛みを感じる箇所がある場合には筋肉の緊張がある場所です。とくに意識してマッサージしましょう。

ただし痛い場所は強く押してはいけません。筋肉は強く押すと硬くなる性質があるので、痛みを感じる箇所を強く押すことで筋肉はますます硬くなる可能性があります。このような箇所は周辺から大きく優しく時間をかけてマッサージするようにします。

PR