角質ケアで行われるゴマージュとピーリングの違いとは?
13views

角質ケアで行われるゴマージュとピーリングの違いとは?

ゴマージュとピーリングの違いはゴマ―ジュの方はスクラブ剤を使用して肌の表面を擦り、角質ケアを行いピーリングの方は弱い酸が含まれた薬剤を顔に塗ることによって肌の余分な角質を溶かします。ゴマ―ジュの方は肌の古い角質を剥がし、ピーリングの方は、肌の再生化ができるため、くすみやシミを改善する効果があります。

角質ケアにはゴマ―ジュとピーリングがあります

角質ケアの方法とは?

 角質ケアの方法とは?

肌の角質の状態が悪いと、肌のくすみやシミの原因となります。そのため、きちんと角質のお手入れをしないと、美肌に近づくことができません。角質ケアの方法には、ゴマ―ジュとピーリングというものがありますが、ゴマージュとピーリングの違いをご存じでしょうか。

ゴマ―ジュとは?

 ゴマ―ジュとは?

ゴマ―ジュとは、天然のスクラブ剤が含まれており、肌の表面をスクラブ剤でこすることによって、表面に付着していた角質を取り除くことができる美容方法です。スクラブには、天然のハーブや植物の種などが含まれており、肌にやさしい刺激で古い角質を取り去ることができます。

ピーリングとは

ピーリングとは?

ピーリングとは、肌の表面をごく薄い酸が含まれた薬品を塗ることによって、角質の表面を溶かします。ピーリングは、肌の表面に薄い酸を塗ることで、皮膚が敏感になり、ヒリヒリと痛むことがあります。

ゴマージュとピーリングの違いとは

ゴマージュとピーリングの違いは、角質を擦ってとりのぞくか、角質の表面すべてを溶かして取り除くかの違いがあります。

ゴマ―ジュのよいところは、気軽に行え、古くなった角質のみを取り除くことができます。

ピーリングのよいところは、角質の表面を溶かすことによって、皮膚そのものが再生化されるため、肌のくすみや角質に残ったメラニンも取り除くことができます。また肌の表面の角質すべてが生まれ変わることによって、美白効果も上がります。

ホームケアはほどほどに

ホームケアはほどほどに

ゴマ―ジュもピーリングもホームケア用のものが市販化されているので、自分で行う方もいることでしょう。

ホームケアを行う場合には、必ず説明書通りに行うこと、頻繁にお手入れをし過ぎないことが大切です。肌のターンオーバーが28日周期であることを考えれば、お手入れをするのは月に一度ぐらいのペースがよいでしょう。頻繁に行いすぎると、肌を痛める原因となってしまうため注意しましょう。

お金はかかりますが皮膚科で行うのも一つの方法です

プロに任せることでトラブルが避けられます

プロに任せることでトラブルが避けられます

ゴマ―ジュもピーリングも自分で行うと肌トラブルになることもあります。

そこでやるのであれば、美容皮膚科で行うのも一つの方法です。エステサロンでも行っていますが、やはり確実に肌トラブルをなくしたいというのであれば、美容皮膚科が一番でしょう。ピーリングもケミカルピーリング剤を顔に塗布することで、医学的な治療を受けることが出来る上に、内服薬なども処方してもらえるため、身体の外側からも内側からも、治療をすることができます。

また万が一肌に炎症が起こるなどのトラブルがあった場合でも、病院であればすぐに対処してもらうことができるので、さらに安心することができるのではないでしょうか。

施術後は紫外線を避け外出を控えましょう

皮膚科での治療を終えたら、できるだけ紫外線を避ける必要があります。施術後は、肌がとてもデリケートな状態であるため、紫外線による害も受けやすい時期でもあります。できるだけ外気にあまり触れず自宅でこもっていた方が、肌の再生化には役立ちます。

角質ケア後のお手入れは?

角質ケア後の肌はとても傷つきやすいため、美容液で保湿し、刺激を与えないようにしましょう。

PR