肌糖化の原因となる食事を見直して、糖化しにくい身体を作ろう。
51views

肌糖化の原因となる食事を見直して、糖化しにくい身体を作ろう。

糖化というのは、タンパク質と糖が結びつくことですが、この糖化が、身体の中で起こり、肌が糖化すると、肌がくすんだり、透明感がなくなると言われています。タンパク質も糖も身体に必要なものですから、摂取制限するよりも、肌糖化の原因となる食事を見直すことで、糖化しにくい身体を作りましょう。

肌が糖化するって、どういうこと?

肌糖化はパンが焦げるのと同じ現象。

肌糖化という言葉をご存知ですか?

糖化というのは、タンパク質と糖が結びつくことで、例えばホットケーキのおいしそうな茶色は、小麦粉や砂糖、卵、牛乳などに含まれているタンパク質と糖が結びついて糖化することによるものです。これと同じ現象が身体の中でも起こっており、食事や間食で摂取したタンパク質と糖は身体の中で結びついて、肌糖化が起こります。

肌糖化が進むと、肌の透明感がなくなり、くすんでいくだけではなく、しわやたるみが増やし、乾燥して柔らかさのない肌になるため、どうしても老けた印象になってしまいます。ホットケーキは茶色く程よい色がついていたらおいしそうに見えますが、肌が糖化によって透明感が無くなって、くすんでいくのは避けたいものですね。

肌糖化はパンが焦げるのと同じ現象。

肌糖化を防いで、キレイな肌を保とう。

肌糖化の原因となるのは、高血糖。

肌の糖化が進まないようにするためには、どういうときに糖化が起きるのかを知る必要があります。

糖化は、血糖値が高くなりすぎて、身体が処理しきれなくなったときに、糖がタンパク質と結びついて起きると考えられています。糖化しないようにするためには、タンパク質や糖を摂らなければいいと考える人もいるかもしれませんが、私たちの身体や頭は、タンパク質や糖なしでは、動かなくなってしまいます。

タンパク質も糖も、身体に必要な分はむしろ摂らなければならない栄養素であり、過剰な摂取制限をするのは、健康に害を及ぼすだけですので、避けるようにしなければなりません。では、肌糖化が進まないようにするためには、どうすればいいのでしょうか。

肌糖化の原因となるのは、高血糖。

食事のときは、食べる順番に気を付けよう。

身体の中で血糖値は、食事の際に食べることによって上昇し、食事の後に活動することで糖分が消費され、だんだん下降するというように、一日の中でも、上がったり下がったりを繰り返しているものです。血糖値が高くなると、タンパク質と糖が結びつく糖化が起きやすくなりますから、注意が必要です。

ここで注目したいのは、食事の際の食べる順番によって、血糖値の上昇の仕方は大きく異なってくるということです。ごはんやパンなどの炭水化物を最初に食べると、血糖値は一気に上昇しますが、野菜を最初に食べると、血糖値の上昇は、ずっとゆるやかになり、血糖値が高い時間を短くすることができます。

これは、野菜に含まれる食物繊維が糖の吸収を遅らせる効果があるからです。食事の際には、サラダなど野菜を先に食べてから、肉や魚、ごはんなどを食べるようにすると、糖質を押さえるためには効果が期待できそうです。

食事のときは、食べる順番に気を付けよう。

間食はデザートに代えよう。

糖化を防ぐためには、血糖値が高い時間をできるだけ少なくすることが大切であることはおわかりいただけたかと思いますが、その意味では間食を摂ると、食事の時間以外にも血糖値が上昇する時間を増やしてしまうことになりますから、できれば摂らないようにしたいものです。

ただ、甘いものというのは、制限を厳しくしてしまうと精神的なストレスにもつながりかねませんので、間食の代わりに食後のデザートで甘いものを食べるというのも、一つの方法です。

そうすることで、血糖値の上昇を食事の時間だけにすることができますから、糖化を防止するためには有効です。また、食事だけでなく、睡眠不足や、運動不足、紫外線を浴びることなども、肌糖化の原因となりますから、気を付けるようにしましょう。

間食はデザートに代えよう。

PR