表面は脂ぎっているのに、中は乾燥しているの?インナードライ肌対策とは
74views

表面は脂ぎっているのに、中は乾燥しているの?インナードライ肌対策とは

皮脂分泌が活発される時期になるとインナードライ肌の症状に悩まされる方も多くなるのではないでしょうか。肌の表面はオイリーなので、脂症だと勘違いし間違ったスキンケアを行ってしまい、益々肌がインナードライ化に!そこで乾燥肌対策をおこなって、肌を改善させていきましょう。

インナードライ肌は見た目はオイリー肌

インナードライ肌の原因とは

インナードライ肌の原因とは

インナードライ肌は肌の表面には皮脂が浮き、肌内部は乾燥した状態の肌のことを言います。

インナードライの原因は、肌が乾燥している状態であるため、肌の中にある水分を少しでも逃がさないように、皮脂が膜を作り肌を守ろうとしているのです。

また表面がオイリーなため、皮脂分泌を押さえようと洗顔の回数を増やしたり、洗顔料の量を増やし、乳液の量を控えようとするため、さらにインナードライ肌の症状が進んでしまいます。

インナードライ肌を治すためには

インナードライ肌を治すためには、乾燥肌対策を行うことが大切です。

肌の表面に皮脂がベタついた状態であると、皮脂を取り去るオイリーケアに力をいれてしまいそうですが、脂を取り去るケアは逆効果になってしまいます。

本当に必要なのは、乾燥ケアです。

乾燥ケアはどうすればいいの?

洗顔はぬるめのお湯で洗顔料は肌にやさしいものを

洗顔はぬるめのお湯で

インナードライ肌を改善するためには、乾燥ケアを行う必要があります。

洗顔によってお肌に必要な皮脂や水分が奪われてしまうと、それを補うために、ますます皮脂を出し、肌の水分を奪われないように防衛本能が働きます。

そこで洗顔をするときは、やや温かいと感じる程度のぬるま湯で顔をやさしく洗うことが大切です。また洗顔料は敏感肌用の肌に刺激の少ないものを選びましょう。洗顔料は泡立てネットでしっかりと泡立てて、泡で汚れを落とすようにやさしく洗いましょう。

化粧水と美容液をうまく使いましょう

化粧水と美容液をうまく使いましょう

洗顔後はすぐに失ってしまった水分を補給する必要がありますので、化粧水をたっぷりつけて、肌に潤いをあたえてあげましょう。

また化粧水を選ぶ時には、敏感肌用か乾燥肌用のものを選ぶとよいでしょう。アルコールが入っている者は肌を刺激してしまうため止めておきましょう。

化粧水後に美容液をすぐにつけると、保湿と潤いの両方を肌に与えることが出来ます。乾燥が気になる場合には、美容液を重ねてつけるようにすると、肌の乾燥を解消することが出来ます。

化粧水が蒸発する前にしっかり蓋をしましょう

保湿を行った後は、そのまま放置しておくと水分が蒸発してしまうため、肌が渇ききってしまう前に、急いで乳液などで脂で膜をつくってあげると、肌の中にのこった水分が蒸発することはありません。

入浴後は一刻も早くスキンケアをしましょう

入浴後は一刻も早くスキンケアを

お風呂から出た後は、ゆっくりとくつろぎたいという方もいるかもしれません。

しかし入浴後は肌がすぐに乾燥してしまうため、真っ先にスキンケアを行う必要があります。理想は入浴後一分以内に化粧水と乳液をつけるのが、肌の水分を逃がさないポイントです。

こんなこともインナードライの原因に

日常生活に原因が溢れています

インナードライになってしまう原因には、洗顔以外にも、強い紫外線や冷暖房の風、ストレスなどがあります。

紫外線対策として、日焼け止めを塗ったり、UV加工の化粧品を使用するようにしましょう。また化粧品の添加物によっても、インナードライの原因となってしまうことがあるため、化粧品は敏感肌用のものを使用するとよいでしょう。

PR