なかなか消えない!顔についたシーツの跡を消す方法
74views

なかなか消えない!顔についたシーツの跡を消す方法

顔を洗おうと洗面台に行ってみたら、顔にシーツの跡がついていることってありますよね?年齢をかさねてから、時間が経っても消えにくくなってしまって、若いころのあの肌に戻りたい…と思った方も多いかと思います。そんな消えにくいシーツの跡を消す方法を紹介します。

なぜ消えない?跡が消えにくい理由

シーツの跡がなかなか消えないのは、「むくみ」が原因

シーツの跡を消す方法の前に、なかなか消えにくい理由は何でしょうか。いつもと変わらないスキンケアで、いつもと変わらない寝かたなのに…シーツの跡がなかなか消えない理由。

それは、「むくみ」が原因です。

就寝前に水を飲む方も多いと思いますが、コップ一杯で終わっていますか?水分の摂りすぎや、塩分の取り過ぎで浮腫んでしまっているのかもしれません。

また、「お酒を飲んだ次の日」は余計に跡が消えにくくなってしまうそうです。女性のみなさん。要注意の時期ですね。他にも、肌のハリや弾力が不足してしまうと、シワがなかなかもとにもどりにくい原因となるのです。

シーツの跡はどうやったら消えるの?

シーツのあとを消すには蒸しタオルが有効

「一刻も早く、シーツの跡を消し去りたい!化粧どころじゃない…」と嘆く前に、できてしまった跡には「蒸しタオル」が一番効果的のようです。

電子レンジで1分程度温めて、蒸しタオルを作ります。顔にのせてリラックス…これは、蒸しタオルで肌の温度を上げることにより、皮膚の表面が伸びて、しわも伸びやすくなるということです。

洗面器にお湯を張り、顔に蒸気を当てるのもいいそうです。蒸しタオルなどで、肌の温度を上げた後は、乳液でマッサージすると気になるシーツ跡がなかったことになりますよ!

このときの注意点は4つ。
・下から上に
・内側から外側に
・リンパに向かって流す
・力を入れない
です。

朝の忙しい時間ですが、いつもより丁寧にケアをしてあげてください。年齢だから…と言い訳や諦めをせずに、めんどくさがらず、実行してみてください!

その日のうちに疲れをリセット!朝のストレッチも効果的!

日常の対策として前の日の疲れを残さないようにすることも大事

日常の対策として、疲れを残さないのも効果があるそうです。しっかり湯船につかってください。

シャワーだけでは疲れも取れませんし、温まれません。38~40度のぬるめのお湯でゆっくり浸かってください。体温より、2度ほど高い温度のお湯が、副交感神経を活性化!体の緊張がほぐれてリラックスできるのです。安眠効果も期待できますし、リンパ球が増えて免疫力が高まります。

朝目が覚めたら、うーん!と大きく背伸びをして体を起こしてあげましょう!

その時、深呼吸をすると体の隅々に酸素が届いて、すっきり目覚めることができます。肩甲骨を背中から浮かせて、手足の指をグーパー!と動かすことを意識してみてください。より効果的に目が覚めて血行もよくなりますよ!

ストレス溜まっていませんか?

Friends

Friends / My Photo Journeys https://www.flickr.com/photos/widdlle/15446751848/

シーツの跡がついてしまう原因の中に、「ストレス」もあります。

現代社会を生きる皆さん。たくさんのストレスを抱えているかと思います。眉間に力が入っていたり、それこそ食べ過ぎてしまったり、飲み過ぎてしまったり…むくみにつながる行動を取ってしまっているかもしれません。

ストレスを溜めないことも大切なことです。

休日は好きなことに没頭してみたり、たまには外食をしてみたり。気持ちをリセットしてみてください。すると、表情も晴れ晴れするでしょう!不機嫌なままで過ごしてしまうと、肌全体がずっしりと落ちてきてしまいます。

ストレス解消を心がけてください。加齢に負けない元気な肌を作りましょう。

PR