弱酸性水で洗顔すると良い?肌のことを考えるなら、洗顔料でなく洗顔水を。
590views

弱酸性水で洗顔すると良い?肌のことを考えるなら、洗顔料でなく洗顔水を。

今の洗顔は「弱酸性」が定番になりつつあります。お肌に優しい弱酸性で丁寧に洗顔することが良いと多くの方が思っているのではないでしょうか?けれど、それで本当のお肌は綺麗になるのでしょうか?お肌の状態を良くさせるためには弱酸性水で洗顔をすると良いそうです。そこで、弱酸性水で洗顔についてまとめました。

弱酸性水で洗顔すると良いって本当?

弱酸性水で洗顔をするとお肌が引き締まると言われています

皆さんは、普段の洗顔でどんな水を使っていますか?

おうちの蛇口をひねると出てくる水道水ですか?それとも、今流行りの炭酸水で洗顔をしていたりしますか?

実は、弱酸性水で洗顔をするとお肌が引き締まると言われています。

引き締まった肌というのは、毛穴が目立つことがありませんし、化粧や日常の生活で溜まった毛穴の汚れを取り除いた肌に適量の油分と水分をきちんと閉じ込めせることができます。

そうさせるためにも、引き締める効果が強い弱酸性の水を使うことがお肌に良いのです。

肌にとっての弱アルカリ性と弱酸性について

もともと、お肌は弱酸性

最近、お肌に優しい弱酸性という謳い文句で様々な商品が出てきています。

もともと、お肌は弱酸性であり、そのお肌により近い弱酸性で洗顔することでお肌に負荷を与えることがありません。もちろん、赤ちゃんや敏感肌の方にとって、その弱酸性の洗顔料を使うことでお肌のトラブルは免れる可能性があるでしょう。

しかしながら、弱酸性ではきちんとした汚れが落ちないというのが欠点です。弱アルカリ性の洗顔料というのは、お肌の毛穴を広げさせる効果があります。ですから、毛穴の汚れまで綺麗に落とすことが出来るというのです。

しかしながら、その分、もともと弱酸性の肌に対しては、負担があり、そのために、お肌が弱い方などに関しては、毛穴が開きすぎる、あるいはなかなか弱酸性に戻り難くなるというトラブルが生じるのです。

洗顔の理想とは?

もともと、弱酸性だった肌は、化粧や汚れを落とすために、弱アルカリ性の洗顔料を使うことで、毛穴が広がり根こそぎ汚れを落としてくれます。

綺麗になった肌は、この時点では弱アルカリ性になりつつあるのですが、そこで弱酸性水を使うことで、毛穴がすぐに引き締めることが出来ます。それは、肌にとって理想の形です。

化粧水などを使って毛穴を引き締めるのではなく、この弱酸性水を使うことで、すぐに戻すことができるのです。

生活の中で弱酸性水ってある?

弱酸性水が肌に良いということは分かったのですが、では、一体生活の中で弱酸性水というのはあるのでしょうか?

浄水器から弱酸性水を生成することが出来る

アルカリイオン水を生成するための浄水器からは、弱酸性水も一緒に生成される

健康のためにとアルカリイオン水を飲むために浄水器を購入されている方がいるかもしれません。アルカリイオン水を生成するための浄水器には、弱酸性水も一緒に生成されます。ですから、この生成された水を使わない手はありません。

確かに、浄水器は高い買い物ではありますが、お肌のために高いスキンケア商品を購入するのであれば、トータルコストとして、こちらの方が安いと計算して、浄水器を購入される方も実際にはいるのです。

クエン酸で作る炭酸水の弱酸性水

クエン酸で作る炭酸水の弱酸性水

自宅では、なかなか手に入れられないのでは?と思っているなら、ぜひこの作り方で弱酸性の炭酸水で洗顔してみましょう。

弱酸性が良いと言われているのに加え、さらに炭酸で洗顔することで効果は2倍です。

作り方は、水道水(塩素が気になるなら、一度沸騰してみても)1リットルに対して、小さじ2の重層とクエン酸です。これで自宅でも弱酸性の水が手に入れられますよ。

PR