アルコールとニキビの関係!飲酒はどうしてニキビの原因になる?
45views

アルコールとニキビの関係!飲酒はどうしてニキビの原因になる?

アルコールとニキビには深い関わりがあります。飲酒は直接的、間接的にニキビができやすくなる原因になります。予防するためには飲酒量を控え、飲酒前後にビタミンや水をしっかり摂取することが有効です。また、深夜まで起きていることもニキビのリスクをあげることになるので夜遅くまで起きて飲酒しないことも大切です。

アルコールとニキビの関係

アルコールは健康に良くないというのは多くの人が知っていますが、実はニキビなどの肌荒れにの原因にもなることがわかっています。

一見、飲酒とニキビは関係がなさそうですが、飲酒はニキビができる直接的、間接的な理由があります。

アルコールが直接的にニキビになる理由

【1】飲酒によって皮脂の分泌が促される

飲酒するだけでニキビができやすくなりことがわかっています

アルコールを飲むことは肌の炎症を引き起こしたり、皮脂の分泌が促されることがわかっています。そのため、飲酒するだけでニキビができやすくなりことがわかっています。

しかし、アルコールの種類や量によっては血行を促進する効果もあることがわかっています。適量と言われるのはビールで1杯、日本酒では半合程度です。

それ以上を飲む場合にはアルコールの種類を糖質の少ない醸造酒を選ぶようにしましょう。醸造酒には焼酎、ウィスキー、泡盛、テキーラ、ジン、ラムなどがあります。

【2】飲酒で肝機能が低下

飲酒で肝機能が低下します

飲酒によってニキビができる原因は肝臓の働きとも関係があります。

飲酒によってアルコールを代謝するために肝臓は働きますが、アルコールの量が多くなると肝臓はアルコール分解が追いつかなくなると、毒素が体内に発生します。

この毒素によって肌荒れやニキビになる可能性があります。このような肝機能の低下によるニキビの発生を予防するためには飲酒量を控えることが大切です。

飲酒量は人によって異なりますが、思考力が鈍ったり、理性が保てなくなるほど飲まないようにしましょう。足元がふらついたり、呂律が回らなくなる、同じこと何度も話すなどの兆候は明確な飲み過ぎといえます。

【3】アルコール分解でビタミンが消費される

ビタミンの摂取を心がけることも大切

飲酒がニキビを増やす原因には、アルコール代謝の際に多くのビタミンが消費されることとも関係があります。肌の健康を保つためには多くのビタミンやミネラルが体内にある必要があります。

しかし、アルコール分解のためにこれらのビタミンやミネラルが消費され、このことが体を酸化させます。このような酸化状態とビタミン不足はニキビになりやすい肌にします。

このようなことを避けるためにアルコールを飲むときにはビタミンの豊富なフルーツやレモンなどを食べるなどしてビタミンの摂取を心がけることも大切です。

フルーツの他、フレッシュな野菜サラダ、海藻サラダも有効です。サラダにはオリーブオイルやココナッツオイルなどの良質なオイルやナッツと一緒に食べるとより効果的です。

アルコールが間接的にニキビになる理由

【4】スキンケアを怠りがちになる

飲酒後はスキンケアを怠りがち

飲酒とは必ずしも直接的な原因とはいえませんが、飲酒後はスキンケアを怠りがちになる人が多いようです。

メイクを落とさない人、いつものスキンケアができない人などは意外と多く、このケアの不足がニキビを誘発する原因になると言われています。

そのため、飲酒はメイクを落としてからにするか、もしくは24時間つけていても肌に負担にならないコスメに替えるなどして肌への負担を減らすようにしましょう。最

も良いのはスキンケアを行うことが億劫になるまで飲まないようにすることです。

【5】睡眠の質の低下

夜遅くまで飲酒しないこと

アルコールの飲酒はその量が多くなればなるほど、睡眠の質が低下します。この睡眠の質の低下は細胞の新陳代謝を妨害することになり、さらに男性ホルモンの分泌が多くなります。

このようなこともニキビができる原因になります。

飲酒後の睡眠の質の低下を防ぐためには、夜遅くまで飲酒しないことと飲酒の前後に十分な水を摂取するようにしましょう。とくに真水の摂取が多いほど、アルコール代謝が助けられます。

PR