週1回のスペシャルケアにおすすめ!フェイススクラブの使い方
98views

週1回のスペシャルケアにおすすめ!フェイススクラブの使い方

フェイススクラブの使い方を紹介します。フェイススクラブは古い角質や毛穴の汚れをしっかりと洗い落とすことができる一方で刺激が強い洗顔料です。そのため、お湯を使ったり、ソフトに洗ったりして肌へ余計な負担をかけないようにすることが大切です。スクラブがあるので強く擦らなくとも汚れは落ちます。

フェイススクラブの使い方

フェイススクラブの使い方

フェイススクラブは洗顔剤に小さな粒が入っているため、古い角質や毛穴の奥の汚れまでしっかりと落とすことができるスキンケアです。しかし、その高い洗浄力のために肌に強い刺激を与えてしまうことがあります。皮膚の表面を傷つけることで肌に炎症ができたり、肌の乾燥やニキビができてしまう可能性があるので、フェイススクラブは正しく使うことが大切です。

洗顔前に顔を温めて毛穴を開く

洗顔前に顔を温めて毛穴を開く

スクラブは毛穴の奥まで入り込んで汚れを掻き出しくれますが、それでも毛穴が閉じてしまっていてはしっかりと奥まで入り込むことはできません。そのため、フェイススクラブを行う前には皮膚のためにも毛穴をしっかりを洗うためにもまずは温めることが大切です。

温める方法としては蒸しタオルが有効です。蒸しタオルはタオルを水で濡らして30秒ほどレンジで温めると簡単にできます。温まりが足りない場合にはさらに加熱時間を伸ばします。我慢できるギリギリの温度の蒸しタオルで3分ほどしっかりを温めて蒸らすことがフェイススクラブの準備として効果的です。温めることで毛穴を開く効果もあります。

洗顔は温かいお湯で行う

フェイススクラブを使う時には、お湯を少量つけながらフェイススクラブを顔にのせることが大切です。温めるのは皮膚の血行をよくして柔らかくするためにです。いきなり硬い粒を肌に当てると肌がびっくりしてしまうので、少し緩ませてから行うようにします。そ

れでも刺激が強いと感じる時には、フェイススクラブにベビーオイルかオリーブオイル、もしくはセサミオイルを少量加えます。オイルをまぜることで肌への負担が減り、洗い上がり後もしっとりとした状態が長く続きます。

使用法をきちんと確認する

使用法をきちんと確認する

フェイススクラブでは1回で使うスクラブの量も重要です。この量は製品によって異なります。目安となる量より多すぎると肌に負担となる場合があり、少ないときちんと洗えない可能性があります。そのためフェイススクラブは1回の使用量をきちんと確かめてから使用しましょう。

スクラブ洗顔はソフトに行う

フェイススクラブを使って洗う時のコツは、洗顔中にスクラブのツブツブが心地よく肌を刺激するくらいにします。少し物足りないくらいの刺激だと感じる程度でちょうどよい加減です。フェイススクラブは強く擦ってもそれほど汚れは取れませんし、肌を傷つける原因になります。スクラブ洗顔の時には心地良さを感じる程度の力加減で行いましょう。

洗い流す時はお湯で行う

洗い流す時はお湯で行う

フェイススクラブを行う上でもっとも重要になるのは洗い流すことです。スクラブ洗顔は肌への刺激が強いため、洗い残しがあると肌荒れや乾燥の原因になります。そのため洗顔後はしっかりと洗い流すことが大切です。この時洗い流すのはお湯で行うと肌への負担が少なく、また洗い残しが少なくなります。水に比べて素早く落とせるので時間の節約にもなります。

洗顔後は冷水で毛穴を締める

お湯で洗い流したあと、そのままにすると毛穴が開いた状態で肌がすぐに乾燥してしまいます。そのため、スクラブ洗顔の最後は冷水で顔を洗い毛穴を引き締めるようにします。

スクラブ洗顔は週に1回のスペシャルトリートメント

フェイススクラブは比較的刺激が強い洗顔です。そのため、毎日行う洗顔には向きません。週に1回のスペシャルトリートメントとして活用しましょう。女性の場合は生理が終わったあとで行うと体の中も外もすっきりとする感覚があるのでおすすめです。

PR