超おすすめ!ベビーオイルでクレンジングすると肌の調子もコスパも良い!
250views

超おすすめ!ベビーオイルでクレンジングすると肌の調子もコスパも良い!

ベビーオイルでクレンジングができるって知っていましたか?これはベビーオイルの使い方にも明記されている正式な使い方の一つで、市販のクレンジングオイルよりも安全にそしてしっかりとメイクを落とすことができると評判です。べたつきも少なく、コスパが良いこともファンが多い理由のようです。

密かに増えています☆ベビーオイルでクレンジング!

ベビーオイルでクレンジング!

最近、オイルでクレンジングをする人が増えています。市販のクレンジングオイルには多くの添加物や界面活性剤などが含まれており、それらの成分が肌に吸収されると毒として細胞に溜まっていきます。このような、皮膚を通じて吸収される毒のことを経皮毒と呼ばれ、口から摂取する毒に比べてより排出が難しいと言われています。

特に女性は経皮毒として吸収された場合、肝臓だけでなく子宮に溜まると言われています。多くの毒が子宮に溜まると筋腫など子宮のトラブルの原因になったり、月経が重くなったり、あるいは不妊の原因になることもあります。

このようなことを避けるためにはより安全なオイルでクレンジングをすることが不可欠です。クレンジングオイルは数多くありますが、もっともおすすめなのはベビーオイルを使うことです。

オリーブオイルでのクレンジングはコスパが悪い?

オリーブオイルでのクレンジングはコスパが悪い?

最近ではオリーブオイルが美容と健康に良いということですっかり食卓に定着しましたが、食用のオリーブオイルをクレンジングに使って強いべたつきで不快感を覚えた人も少なくないでしょう。また、思ったよりも化粧が落ちるのに時間がかかるなどの口コミ情報もあとを立ちません。

その原因はオリーブオイルの質に問題があるのです。市販されているオリーブオイルはたとえエクストラバージンオイルと書いてあっても、クレンジングオイルとしてあまりオススメできません。その理由は圧搾方法にあります。多くのオリーブオイルはとても高品質なオリーブを使っています。しかし、圧搾する時に化学薬品の溶剤を使用していたり、高温で圧搾されたものがほとんどです。

このような方法で製造されたオリーブオイルはいくら有機栽培のオリーブを使ったバージンオイルであってもべたつきが強くなります。そのため、クレンジングとして使用するオリーブオイルは冷間圧搾、もしくはコールドプレスされたものである必要があります。

しかし、このような製品は少なく、またあったとしても高価であり、クレンジングオイルとして使用するにはコストパフォーマンスが悪すぎます。そのほか、ココナッツオイルやセサミオイルなども同様の状態であり、本当に高品質といえるオイルは数少ないのが実情です。

ベビーオイルは安心、安全でコスパも良い!

ベビーオイルは安心、安全でコスパも良い!

しかし、そのような中でコストパフォーマンスがよくさらに安心して使えるオイルがベビーオイルなのです。ベビーオイルは赤ちゃんが使っても害がないように成分や製法にこだわって作られています。

また、ベビーオイルの使用法にはクレンジングとしても使用できることが明記されています。実際にクレンジングとしてベビーオイルを使ってみるとわかりますが、ベビーオイルでメイクを落とすと市販のクレンジングオイルとほとんど変わらない感触でメイクが落とせます。また、使用後に不快なべたつきもありません。

ベビーオイルでクレンジングする方法

ベビーオイルでクレンジングする方法

ベビーオイルでクレンジングをする時の方法はとても簡単です。

まず、オイルを手に取りメイクによくなじませます。オイルが温まるにつれてメイクはどんどん落ちていきます。
そして十分にメイクと馴染んだという感覚がしたら、ティッシュやタオルなどでオイルを拭き取ります。
その後、普段通りの洗顔をしてください。
ポイントは乾いた手でクレンジングをすることとオイルを排水溝に流さないように注意することです。

オイルを排水溝に流すことは配管を傷めたり、自然環境に悪影響を及ぼすおそれがあるのでオイルの取り扱いには十分に注意しましょう。

PR