つるつる!豆乳洗顔の方法 豆乳洗顔でもちもちの肌に♪
161views

つるつる!豆乳洗顔の方法 豆乳洗顔でもちもちの肌に♪

大豆イソフラボンは、お肌のハリや美しい髪の毛を保つために必要な成分です。そんな大豆イソフラボンがたっぷりと含まれている豆乳は、飲んだり食べたりするだけでなく、スキンケアにも使えることをご存知ですか?お肌がつるつるスベスベになる豆乳洗顔の方法についてご紹介しましょう。

スキンケアにも魅力的な豆乳

つやつやの髪の毛やもちもちのお肌にあこがれる女性は多いですよね。女性らしさを保つために必要なのが女性ホルモンです。女性ホルモンは、女性の美容と健康をサポートしてくれる大切なホルモン。ただ、女性ホルモンの分泌量は、閉経前後の50代に急に減ってしまいます。女性ホルモンが減少した後は、更年期障害に悩まされることに・・・。

女性ホルモンと同じ働きをすることで注目されているのが、大豆イソフラボンです。豆乳には大豆イソフラボンがたっぷりと含まれています。大豆イソフラボンは、お肌のハリやしわをよみがえらせてくれる老化防止の役割も果たします。魅力ある大豆イソフラボンがたっぷり含まれている、豆乳を使った豆乳洗顔の方法をご紹介しましょう。

豆乳洗顔でつやつやの美肌に!

豆乳洗顔でつやつやの美肌に!

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、つやつやの美肌にしてくれる効果があります。白くて透きとおるような肌は、女性なら誰しもあこがれる肌ですよね。そんな肌になれる豆乳洗顔を試してみましょう。

豆乳には大豆サポニンという成分も含まれています。この大豆サポニンは、抗酸化作用や過酸化脂質の生成を抑えてくれるため、しみができにくい肌をつくってくれます。そして、肌を老化させる原因となる活性酸素を除外する働きもあります。

また、豆乳には、保湿効果のある油分やレシチン、ビタミンEなどがたっぷりと含まれています。ビタミンEは血流を促進し、肌の血色をよくしてくれるため健康的な印象を与えられるでしょう。

豆乳洗顔の方法

豆乳洗顔の方法

豆乳洗顔をする時には、成分無調整の豆乳と水を用意しましょう。

①豆乳250mlと水250mlをボウルにうつして、しっかりと混ぜます。
②豆乳洗顔をする前に、顔の油分や汚れをしっかりと落とすために、メイク落としと洗顔料を使って洗います。
③用意した豆乳洗顔ですすぎましょう。

豆乳洗顔で5,6回顔をすすいだら、ぬるま湯で流します。
豆乳洗顔したあとは、化粧水で水分を補給し、乳液でふたをして肌を乾燥から守りましょう。

豆乳洗顔の効果は?

豆乳洗顔の効果は?

豆乳洗顔を実際に試した方は、どのような効果があったのでしょうか?

【肌の色が白くなった!】
普段の洗顔に加えて、豆乳洗顔を実践した方の中には、肌の色が白くなったという方がいらっしゃいます。豆乳洗顔には美白効果が期待できるということですね。

【肌がつるつるしっとり】
乾燥肌で悩んでいた方の中には、豆乳洗顔をすることで、肌がしっとりつるつるになったという方もいらっしゃいます。肌が乾燥する冬の時期には豆乳洗顔が魅力的ですね。

【ニキビの赤みがうすくなった】
豆乳洗顔を試した方の中には、ニキビで悩んでいる方もいらっしゃるようです。赤色のニキビがうすくなったということなので、ニキビに悩んでいる方にも豆乳洗顔はおすすめのようですね。

市販されている豆乳洗顔商品もある

豆乳洗顔をしたいけれど、自分でつくるのが大変という方いらっしゃいませんか?そんな方は、豆乳配合の市販されている商品を使ってみても良いでしょう。チューブタイプの豆乳洗顔や、豆乳石鹸などいろいろなタイプのものがあるので、自分にあったものを試してみてください。

PR