朝ケアと夜ケア、ちゃんと変えてる?専用化粧品は逆に使ってはいけないの?
105views

朝ケアと夜ケア、ちゃんと変えてる?専用化粧品は逆に使ってはいけないの?

目的を持って毎日のスキンケアを行っていますか?実は朝ケアと夜ケアではお肌のケアをする目的が少し異なるのです。朝と夜、それぞれの洗顔方法や化粧品の選び方、それぞれのケアの目的と方法などについてまとめました。

スキンケアの目的

スキンケアの目的を考えたことがありますか?毎日何となく行っているスキンケア。皆さんはスキンケアの目的を考えたことがありますか?

スキンケアとは健康で美しい素肌を目指して、肌のお手入れをすることを指します。肌の健やかさや美しさを損なう外敵や内部の敵はたくさんいます。乾燥や紫外線、汚れ、老化などが代表的です。

スキンケアの目的を冷静に考えると、朝ケアと夜ケアが同じではいけないことに気づきます。それでは朝ケアと夜ケア、何を変えたらよいのでしょうか。

朝のスキンケアの目的

朝のスキンケアの目的は?

朝のスキンケアの一番の目的は日中のダメージから肌を守ることです。日中の紫外線や乾燥、メイクの負担などから肌を守りましょう。
夜の汚れをリセットすることも大切です。

朝の洗顔

朝の洗顔の目的は、寝ている間にかいた汗や皮脂を取り除くことです。朝の洗顔の方法は、全くしない人もいれば、水洗顔だけの人、洗顔料をつけてしっかり洗う人もいます。実はどれも間違いではありません。

夜間の肌汚れにはかなりの個人差があります。皮脂の分泌が盛んな年齢や肌質の方は、洗顔料を泡立ててきちんと洗ったほうが良いですし、汗や皮脂の少ない年齢や肌質の方は落としすぎないことが大切です。肌の調子が悪いと思ったら朝洗顔の方法を見直してみましょう。

朝の基礎化粧品

朝ケアと夜ケアともに、スキンケアの大きな目的は保湿です。朝の保湿は紫外線やほこり、メイクアップ化粧品などの外部刺激から肌を守ります。保湿のためのシンプルな化粧水や乳液なら特に夜用と朝用で変えなくても良いでしょう。

しかし、変えたほうが良い場合もあります。朝スキンケアのための時間がない人はオールインワン基礎化粧品などの時短ケアがおすすめです。顔が濡れたままメイクをすると、メイクの仕上がりも良くありませんし、乾燥や肌荒れを招きます。

また、UVケアは夜行なっても肌負担になるだけです。朝のスキンケアに加えましょう。
夜専用の基礎化粧品の多くは、朝使うとべたついてその後のメイク乗りに影響します。一部の成分は塗った後に紫外線を浴びると変質してしまいます。

夜のスキンケアの目的

夜のスキンケアの目的は?

夜のスキンケアの目的は、まず昼間のメイクをきちんと落とすことと、睡眠に備えて保湿をし、睡眠中の肌のターンオーバーを助けることです。リラクゼーション効果も意外と重要なポイントです。

夜の洗顔

夜の洗顔はまず、きちんと昼間のメイクを落とすことを考えましょう。お肌に合ったクレンジングや洗顔料を使い、メイク汚れが残らないようにしてください。

夜の基礎化粧品

夜は「後は眠るだけ」だと思いがちですが、保湿をしっかりするようにしましょう。睡眠時間はお肌が育つ時間です。肌は主に夜、新陳代謝をし、新しい肌に生まれ変わるのです。このときに肌が乾燥していると、そちらにエネルギーを費やしてしまい、ターンオーバーを妨げます。

スペシャルケアも時間の余裕があり、これから肌が新陳代謝をする夜がお勧めです。
美白に使われるハイドロキノンは紫外線に当たると肌刺激やシミの原因となることがありますので、使うなら必ず夜のケアに加えましょう。

アンチエイジングに効果のあるレチノールも昼間使ってはいけない成分です。
また、夜用化粧品はリラクゼーション効果を高めるために香料や自然の香り成分が配合されているものもあります。こういったものも夜使うと安眠を促しますが、昼間は紫外線の悪影響が考えられますので、夜専用にした方がいいでしょう。

PR