写真うつりが良くなる!表情筋トレーニングとは?
172views

写真うつりが良くなる!表情筋トレーニングとは?

表情筋トレーニングとは、顔の筋肉を鍛えることです。表情筋を鍛えると、口角がアップしたり小顔になったりして表情がイキイキしてきます。笑顔も一層ステキになるため、写真うつりも良くなります。写真を撮るといつも「私こんな顔してたっけ?」、「実物の方がいいかも」なんて思っていた方は、ぜひ試してみてください。

写真うつりが悪い人っていますよね。本当は美人なのにもったいないなと思うことありませんか?写真うつりは表情筋トレーニングで改善できることがあります。表情筋トレーニングとは、顔にある筋肉を鍛えることです。

鏡 女性

人は、普段顔の筋肉を3割ほどしか使っていません。使わない部分は衰えてくるため、無表情になったりシワやたるみの原因にもなります。表情筋を鍛えることで、皮膚にハリが出て、目もパッチリします。口角が上がったり二重あごが無くなったりして小顔や若返りの効果もあるため、顔そのものがイキイキしてきます。自分に自信が持てますので笑顔も格段に良くなるでしょう。

きれいな笑顔が作れるかどうかは、写真うつりの良し悪しに関わってきます。ついでに自分が一番きれいに見える表情も研究し、ベストな写真うつりをマスターしてみてはいかがでしょうか?

表情筋トレーニングの方法

まずはウォーミングアップ編①

3d1f98c089c9046bf545253ee8853fdf_s 上を向く女性 首 失敗まずはウォーミングアップをしましょう。顔を天井に向けてください。次に下唇を天井に向けて伸ばしていきます。筋がぴんと張るのを感じるでしょう。この状態で10秒間キープします。

ウォーミングアップ編②

191ccc918fe685b6cc94e18adf8a1803_s 両手を頭において下を向く女性 エプロン 失敗 絶望

2番目は、首を下に向けて後頭部を両手で抑えてください。ここでも首筋がピンと伸びていることを感じてください。そのままで10秒間キープします。これでウォーミングアップは終了です。

上眼瞼挙筋のトレーニング

上瞼の筋肉を鍛えるトレーニングです。目がパッチリして目力も強くなります。

まずは、白目をむくようなイメージで、上を見てください。眉や顔の位置は変えず、黒目だけ上にします。この状態で10秒間キープしてください。もしくは、眉を思い切り持ち上げて、目も出来るだけ見開いてみてください。その状態で瞼だけ閉じたり開いたりします。

どちらも上瞼の筋肉を鍛えるトレーニングになり、ストレスを感じている時や疲れている時、これをやるだけでスッキリしたり目つきが冴えた感じになります。

口角を上げるトレーニング

口角を上げるトレーニングをご紹介します。

上下を唇を巻き込むようにして口の中にぐっと入れてみてください。その状態で横に引いていきます。次に上を見上げてパッと口を開けます。もしくは、片方ずつの頬を上げて、顔の片側だけで笑顔を作ってみてください。

これで口角が上がったり顎のラインが引き締まったりします。

頬を鍛えるトレーニング

頬を鍛えるトレーニングをご紹介しましょう。

まずは、唇を怒った時のように思い切り尖らせてみてください。その状態で今度は頬を出来るだけすぼませます。それができたら5秒間キープします。今度は頬に空気を入れていき、出来るだけ膨らませます。限界まで膨らんだら5秒間キープ。ゆっくり空気を抜いて元に戻します。この動作を3回繰り返したら終わりです。

頬のラインがスッキリするため、小顔効果が期待できます。

a5df70e8e313c021bbbbfe70a9b39359_s 頬をふくらませる女性 ふくれる 不満

表情筋トレーニングは毎日行うことが理想です。早ければ2週間くらいで効果が現れますので、始める前に写真に撮っておくと良いでしょう。毎日続けてみて、2週間後に同じように撮影してみてください。表情の違いが分かると思います。

また、洗顔やファンデーションを塗るときにも顔の筋肉を上げることを意識してやってみてください。洗顔は決してこすらず、皮膚を傷つけないように行うことがポイントです。ちょっとしたことですが、塵も積もれば山となりますので、気を付けてみてください。

PR