ゆらぎ肌とは季節の変わり目に起こる肌トラブル!ゆらぎ肌の原因と対策
42views

ゆらぎ肌とは季節の変わり目に起こる肌トラブル!ゆらぎ肌の原因と対策

ゆらぎ肌とは、春から夏、夏から秋など季節の変わり目に起こる肌トラブルのことをいいます。ゆらぎ肌になる原因を知って、ゆらぎ肌対策をしましょう。ゆらぎ肌が原因で、肌トラブルに悩まされることがないように、毎日のスキンケアに気を配りましょう。

お肌のゆらぎはどうして起こる?

ゆらぎ肌とは季節の変わり目に起こる肌トラブルのこと。ゆらぎ肌にならないようするには、どうすればよいのでしょうか?ゆらぎ肌の原因と対策方法について勉強しましょう。

ゆらぎ肌になる原因は?

ゆらぎ肌になる原因は?

季節の変わり目にゆらぎ肌になるのはどうしてなのでしょうか?ゆらぎ肌の原因はいくつかあります。

【気温差】
冬から春、夏から秋の季節は、気温の高低差がかなりありますよね。季節の変わり目の気温差が原因で、ゆらぎ肌は起こります。いつも同じ気温であれば、肌の状態は一定に保たれますが、急に寒くなったり暑くなったりと1日のうちでも気温の高低差が激しい季節になると、肌がゆらいでしまうのです。

【紫外線】
紫外線の量が急増する季節は、肌ストレスがたまってしまいます。急に増えた紫外線の量で、肌の状態が悪くなりゆらぎ肌になってしまいます。

【埃・花粉】
花粉症で悩まされている方、鼻水やくしゃみがつらいですよね。スギやヒノキ、ヨモギやブタクサ、イネなど、1年を通して花粉が飛んでいます。花粉が原因で肌が荒れてしまったり、かゆみを引き起こしたりと、肌トラブルの原因になります。また、人ごみが多い場所や、交通量の多い場所は、埃や排気ガスが蔓延しています。埃などもゆらぎ肌の原因となってしまいます。

【ストレス】
仕事による疲労や、人間関係によるストレスもゆらぎ肌と関係しています。心の状態が肌にも影響するので、しっかりと睡眠をとり、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

ゆらぎ肌はどうやって対策するの?

ゆらぎ肌対策のポイントは「洗顔」と「保湿」!
しっかりと洗顔で汚れを落とし、保湿ケアをすることが大切です。

ゆらぎ肌の対策法【洗顔】

ゆらぎ肌の対策法【洗顔】

ゆらぎ肌対策は、まず花粉や埃など肌についた汚れをしっかりと落とすことが大切です。洗顔のポイントをいくつかご紹介します。

【洗顔】
・洗顔をするときは、36℃以下のぬるめのお湯を使うようにしましょう。36℃以上のお湯は、皮脂を落としすぎてしまいます。洗顔時のお湯の温度に気を配りましょう。

・洗顔料はどのようなものを使っていますか?肌と同じ弱酸性のものを選ぶようにしましょう。肌に刺激を与えないような洗顔料を選ぶことが大切です。

・洗顔料を使うときは、しっかりと泡を立てて使うようにしましょう。泡で肌を包むようにして、洗うことが大切です。ゴシゴシとこすって洗うのはダメです。

・泡立てた洗顔料をしっかりとぬるま湯で落とすようにしましょう。

・タオルで水分を拭き取るときも、ゴシゴシと拭き取ってはダメです。肌を押さえるようにして、ふんわりとふき取ることが大切です。

ゆらぎ肌の対策法【保湿】

ゆらぎ肌の対策法【保湿】ゆらぎ肌にならないようにするために、紫外線や埃・花粉など外部の刺激から守るフェイスケアを心がけましょう。肌の保湿のポイントについてご紹介します。

【保湿】
・洗顔後すぐに保湿ケアをすることが大切です。

・アミノ酸などの保湿成分の入った化粧水やクリームを使うようにしましょう。

・保湿化粧水やクリームを使うときには、手のひらに出して少しあたためてから使ってください。

・花粉症でよく鼻をかむという方は、小鼻のまわりや鼻の下の乾燥を防ぐために、その部分の保湿も忘れずにしましょう。

PR