レモン塩で白い歯になるって話…これって本当に大丈夫?
241views

レモン塩で白い歯になるって話…これって本当に大丈夫?

女性も男性も、憧れの白い歯を手に入れたいと思っていても、歯医者のホワイトニングは高いし、時間がないと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、救世主として現れたのが、レモン塩で白い歯になるという方法です。しかし、この方法は本当に大丈夫なのでしょうか。ここでは、白い歯になる方法を考えます。

歯を白くするのにレモン塩って本当に良い?

レモンは歯を溶かす!

レモン塩で白い歯を手に入れる方法、一度は聞いたことありませんか?昔、テレビ番組で取り上げれたようで、世間に浸透している方法だそうです。

しかし結論から言うと、レモンは歯を溶かしてしまいます。私達の歯はとても硬い組織からできていて、ちょっとの刺激などでは壊れませんが、唯一酸に対してはとても弱いです。

実は、虫歯で歯が溶ける原因も、虫歯菌から出される酸が原因です。子どもの頃、スポーツドリンクや炭酸飲料などを毎日大量に飲んでいると歯を溶かすというのを聞いたことがありませんか?これも本当です。

レモンには、とても強い酸が含まれています。従って、レモンで歯を磨くと言うのは専門家から見ると非常に危険な行為なのです。

レモンには、歯の汚れを落とす効果はあるので、ある程度のホワイトニング効果があるように見えますが、レモンで歯を磨き続けると、歯がボロボロになってしまいますよ。

歯を白くするのにレモン塩って本当に良い?

塩は大丈夫なの?

今のような練り歯磨き粉がなかった頃、塩で歯を磨いていたこともあったと言います。また、今でも塩の成分を入れている歯磨き粉を見かけることがありますよね。しかし、塩で歯磨きする方法も、メリットとデメリットが色々とあります。

メリットには、歯肉をキュッと引き締める効果がある、炎症を抑制する、塩の粒が歯肉をマッサージしてくれる、若干の殺菌作用がある、唾液の促進効果がある、などが挙げられます。

一方、デメリットは、歯茎が腫れている時に使用するとますます腫れる、強くマッサージをすると歯肉を傷つける、浸透圧の作用で頬の粘膜を傷める、体内の吸収が良いので高血圧になりやすい、などが挙げられます。

塩で歯磨きすることは、メリットもありますが、デメリットの比重も高いので、やめた方が良いでしょう。

塩は大丈夫なの?

レモン塩で歯を白くする方法、一度は白くなるようですが、デメリットが大きく良くないですね。

この方法は、歯そのものを白くしているのではなく、歯の表面のエナメル質がクエン酸で溶かされて、白く見えていると考えられます。エナメル質がなくなるという事は、その下の象牙質が侵食されるので、虫歯になりやすくなってしまいますよ。

歯を白くするにはどうしたら良いの?

審美歯科へ行く

現在、審美歯科などの歯医者では、ホワイトニング処置をやってくれるところがたくさんあります。従って、時間のある方は、歯医者へ通うと言うのも一つの手です。

歯医者で行われるホワイトニングは、過酸化水素の色素分解作用を利用し、歯の汚れを取ってエナメル質の色合いを変化させ、歯を白く見せる方法が主流です。この方法でも、エナメル質が傷つきますが、再石灰化でリカバーが効く程度なので問題はありません。

ただし、ホワイトニング処置は、定期的に行わなければ、長続きしないですし、お金もかかるので、時間がある方、お金に余裕がある方に向いている方法です。

審美歯科へ行きましょう

市販のホワイトニング歯磨き粉を使う

「もっと簡単な方法で、歯を白くしたい」という方は、市販のホワイトニング歯磨き粉を使いましょう。

このような歯磨き粉は、きちんとテストされて世の中に出回っているので、安心して使うことができます。毎日使用することで、効果を得ることができますよ。

ホワイトニング歯磨き粉は、1本2000円程度のものなので、普通の歯磨き粉よりは高いですが、歯医者に通うと思えばお財布にも優しいですよね。

ホワイトニング歯磨き粉を使いましょう

PR