弱酸性水の効果は美肌効果だけではなく、消毒殺菌効果もあります。
268views

弱酸性水の効果は美肌効果だけではなく、消毒殺菌効果もあります。

弱酸性水の効果は美肌、消毒殺菌効果があります。人間の肌はもともと弱酸性であるため、できるだけ弱酸性の状態に保つ必要があります。アルカリ性に傾くと、肌の上には雑菌やカビが繁殖してしまうからです。石鹸やシャンプーはアルカリ製品を使い、肌に直接塗る化粧水などは弱酸性のものを選ぶとよいでしょう。

弱酸性水の効果は肌を清潔にします

コマーシャルでよく聞くけれど

クエン酸と表示されていれば弱酸性の化粧水の可能性があります最近テレビのコマーシャルなどで、よく耳にするのが、弱酸性という言葉ではないでしょうか。ボディーソープや、手洗い用のソープ、シャンプーなどの商品では、弱酸性であることがアピールされています。
また普段のスキンケアのお手入れに使われている化粧水についても、弱酸性という文字が書かれていることもあります。化粧水のボトルの成分表示を見てみると、クエン酸と書かれているものがあります。このクエン酸という成分が記載されていれば、弱酸性の化粧水という可能性があります。

弱酸性水の効果は殺菌でした

弱酸性水の効果は、肌を清潔に保つという効果があります。
弱酸性水のコマーシャルを見ると、子供からお年寄りまで使えてお肌にやさしいという歌い文句を聞いたことはないでしょうか。お肌にやさしいのには理由があります。それは、もともと人の肌の状態が弱酸性であるということだからです。
人間の皮膚の表面はph4.5からph6.0に保たれています。ちなみに汗の成分は7.0から8.0です。胃液になると、ph1.5から2.0になります。
人間の皮膚の状態が弱酸性に保たれているのには、理由があります。それは、消毒効果や殺菌効果があるからです。夏場にかく汗も弱酸性なので、汗にも肌を清潔に保つ効果があったのです。

肌がアルカリ性に傾くとどうなるの?

肌がアルカリ性に傾くとどうなるの?ところで、肌がアルカリ性になってしまうと、一体どうなってしまうのでしょうか。その答えは、雑菌やカビが肌の上に繁殖し増えてしまいます。肌の健康状態のためには、常に弱酸性に保たれていなければなりません。

スキンケア製品の弱酸性水の効果とは?

スキンケア製品の弱酸性水の効果はあるのでしょうか?化粧水には、酸性と、アルカリ性のものがありますが、どちらが効果があるのでしょうか?
人間の肌の表面はだいたいph5.5ぐらいが平均値です。ちなみにph7が中性で、ph7以上はアルカリ性になります。ph7より低ければ酸性になります。
化粧水や洗顔料は、アルカリ性よりも弱酸性の方が、肌への刺激も少なく、肌の皮脂分を必要以上に取り除く心配もないので、弱酸性の方が、肌にやさしいと言えるでしょう。

アルカリ性はすべてダメなの?

アルカリ性はすべてダメなの?肌によいのは弱酸性水の方ですが、アルカリ性の石鹸や化粧水なども市販化されています。
アルカリ性の製品を使っても、肌には自然に酸性に傾く機能が備わっているので、アルカリ性の石鹸やスキンケア製品を使用しても問題はありません。
弱酸性の製品すべてがよいのかと言えば、弱酸性にも短所があります。それは、洗顔料やシャンプーの場合、弱酸性だと、泡立ちがよくないのです。泡立ちをよくするために、弱酸性の洗顔料やシャンプーの中に合成洗剤を入れて商品化しているのです。
そこで、洗顔料や石鹸、シャンプーなどは、アルカリ性を使用し、肌に塗る化粧水やボディローションなどは弱酸性のものを使用すれば、肌に負担をかけることはありません。アルカリと酸性の二つの性質をよく理解し、使い分けるとよいでしょう。

PR