馬油とシミの意外な関係?!シミは馬油で改善する!
339views

馬油とシミの意外な関係?!シミは馬油で改善する!

馬油とシミは一見、関連のない印象があります。しかし、シミの改善には馬油はとても有効であることがわかっています。その理由は馬油の成分と性質にあります。肌になじみやすいため、効果が早いことも魅力的です。また、馬油は化粧下地としても優秀なアイテムです。紫外線を防ぎ、新たなシミの発生を抑制します。

馬油とシミの関係?!

馬油とシミの関係?!多くの女性が悩む肌トラブルとしてシミがあります。シミは強い紫外線を浴びたり、内臓の機能低下などによって生じる皮膚の変色です。このシミは一度できると高級な美容液などを使用してもなかなか治らないため、「化粧の厚塗りなどでごまかすしかない」と思われています。しかし、このシミに効果的であるとして、話題になり注目されているものがあります。それが馬油です。

馬油とは?

馬油とは?馬油はバーユ、あるいはマーユと呼ばれ、馬の皮下脂肪を原料をした油のことです。食用の馬のお腹や首の部分の脂肪を使って作られています。成分としてはオレイン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、リノレン酸などを多く含み、人の肌になじみやすいという特徴があります。このため、他の油脂に比べて、肌に浸透しやすく、肌の保護や保湿に効果があると言われています。そして、この肌の浸透しやすさがシミに効く理由とも言われています。

馬油は浸透性と血流改善でシミに効く!

馬油がシミに効果的な理由として、その高い浸透性の他にももう一つ理由があります。それは馬油を塗った部分の血流を改善する効果です。皮膚に触れたものが血流を改善すると聞くと、少し不思議な感じがしますが、実は人の皮膚には汗腺や毛穴などの多くの穴が空いています。この穴を通じて汗を出したり、皮膚呼吸をしているのです。馬油はこの小さな穴からしみ込むように入り、血流やリンパの流れを改善します。この高い浸透性と血流改善効果こそ、馬湯の代表的な効果なのです。

効果的な馬油の使い方

効果的な馬油の使い方シミを改善するための馬油の効果的な使い方として、洗顔後に薄く塗るというものがあります。このとき、シミがある部分は少し多めにつけてマッサージを行うことでより効果が高くなると言われています。ただし、馬油はごく薄く皮膚につけるくらいで丁度よいと言われているので、あまりつけすぎないようにしましょう。たくさんつけすぎるとべとつきの原因になります。

化粧前にも馬油

シミの改善だけでなく、馬油は乾燥肌やオイリー肌にも効果があると言われています。例えば、朝の化粧前にごく薄く塗るだけで、化粧が一日中くずれにくくなると言われています。一般的に乾燥肌とオイリー肌では使う化粧品が違うという印象がありますが、原因はどちらも乾燥がもとになっていると言われています。そのため、馬油を薄く塗って皮膚の乾燥を防ぐことで乾燥肌でもオイリー肌にも効果が期待できるのです。

馬油を化粧下地に使うことのメリット

馬油を化粧下地に使うことのメリット一般的な油は熱を加えると酸化してくすみや黒ずむものです。しかし、馬油は紫外線で成分がほとんど変化せず、そのため、強い日差しから肌を守るという効果が期待できます。つまり、馬油は化粧くずれを防ぐとともに、紫外線対策のアイテムとして優秀な働きをしてくれるのです。しかも、馬油は他の日焼け止めクリームなどと違って肌に負担をかることなく、むしろ肌の血行を促進してくれるので塗るだけで肌をきれいにしながら外的環境から守るという役割もしてくれるのです。

どんな製品がいい?

馬油を標榜した商品は広く市販されています。その中でもどのようなものを選べばよいのでしょうか?選ぶポイントとしては「馬油配合」ではなく、「100%馬油」を選ぶことがポイントです。ビタミンなどを配合したり、香料のついたものなども多くありますが、それらの製品は肌への刺激が強い場合があります。できれば、馬油は香料やその他の成分が添加されていないものを選ぶことをおすすめします。

PR