知ってた?カサカサ肌をなおすには加湿器だけでは不十分かも?!
153views

知ってた?カサカサ肌をなおすには加湿器だけでは不十分かも?!

秋冬のカサカサ肌をなおすためには3つの原因を知って、それぞれに対処することが大切です。その3つは、空気の乾燥、気温の低下、そしてホルモンバランスです。とくにホルモンバランスが乱れると男性でも肌荒れの他、抜け毛や疲労、冷え性の原因になる可能性があるので注意が必要です。

秋冬のカサカサ肌をなおすことはできる?!

秋冬のカサカサ肌をなおすことはできる?!秋冬のカサカサ肌は多くの女性にとって悩みとなります。なぜ、この時期にカサカサになってしまうのでしょうか?その原因には大きく3つあると言われています。どんなことがあるのでしょうか?対処法と一緒に紹介します。

【1】加湿器だけでなくオイルによる肌ケアが効果的

オイルによる肌ケアが効果的日本の秋冬はとにかく空気が乾燥する時期です。この乾いた空気によって肌はますます乾燥します。そのため数年前から美容や健康に加湿器が良いからと加湿器がすでに定番家電となりつつあります。しかし、部屋に加湿器を置くだけでは、この時期の肌のカサカサを改善するためには不十分です。なぜなら、この時期は肌の水分だけでなく油分も不足しがちだからです。そのため、お風呂上がりには保湿として、オリーブオイルやココナッツオイルなど、質の高いオイルでケアをしてあげることが大切です。

とくに冷間圧搾されたオリーブオイルは肌を保護するために適したオイルと言われています。市販品では冷間圧搾、もしくはコールドプレスされたものが少ないため、オリーブオイルを選ぶときには有機栽培されたオリーブであること、バージンオイルであること、そして製法が冷間圧搾されたものであるという3点が明記されているかどうかをしっかりを確認することが大切です。

【2】低い気温は水分代謝を低下させる

飲み物は温かいものを選びましょうさらに、温度の低さも肌のカサつきの原因になります。それは寒いというだけで人の代謝力は低下するからです。そのため、秋冬は健康な人でもやや水代謝が悪くなりがちです。寒くなるとトイレが近くなったり、便秘がちになる、あるいはむくみがひどくなるという人はとくに注意です。水の代謝が悪くなり、むくみなどが出やすくなると多くの人は水分摂取を控えるようになりますが、あまり効果的な方法とは言えません。それよりも体を温めて体内の水分代謝を活発にしたほうがよほど効果的です。

例えば、白湯を飲む、半身浴をする、腰にカイロを貼るなどで体を積極的に温めるようにしましょう。とくに秋冬は常温のものを飲んでも腹部が冷える可能性があります。そのため、飲み物は温かいものを選びましょう。暖房で室内を暖かくして冷たいものを飲むというのは心地よい贅沢のようですが、このような悪習は内蔵型冷え性やお腹の脂肪を増やす原因になることを知っておきましょう。

【3】旬の野菜やフルーツはホルモンバランスを整える

秋冬のカサカサの原因はホルモンバランスの変化である可能性もあります。とくに生理周期によって肌質が変化すると感じる人はとくにその傾向が強いでしょう。また、このような傾向は男性にも言えることです。秋口から抜け毛が増えたり、肌にこなを吹くようなタイプの人は男性であってもホルモンバランスが乱れやすい傾向にあるようです。

冬のみかんも白いスジにホルモンバランスを整える高い作用があると言われていますこのような秋冬のホルモンバランスの低下に効果的なのは色の濃い野菜や果物の摂取です。野菜はお鍋や煮物など暖かくして食べ、果物はいろいろな種類のものを食べるようにしましょう。秋冬にできる果物にはホルモンの元になる成分やホルモンバランスを整える作用の果物が多く存在します。例えば、柿やりんごはとくに優秀な果物です。また、冬のみかんも白いスジにホルモンバランスを整える高い作用があると言われています。また、この時期の果物には血液を浄化する力が強いことも特徴的です。秋冬こそ、旬の野菜や果物を積極的に摂取しましょう。

PR