季節の変わり目の肌荒れの原因とその対策法を紹介!
66views

季節の変わり目の肌荒れの原因とその対策法を紹介!

季節の変わり目の肌荒れの原因は大きく2つあります。それは肌疲労と自律神経の乱れです。とくに夏と冬の外的刺激を少なくすることと、一年を通じて体温をあげることが肌荒れの予防と対策のために有効です。そのためには有酸素運動や半身浴で全身の血行を促進することの他に良質な脂質の摂取も有用です。

季節の変わり目の肌荒れの原因

季節の変わり目には肌が不安定な状態になりやすいため、肌荒れが多くなる時期です。この原因として大きく2つあります。

肌荒れの原因となる肌疲労

1つは肌の疲労です。顔の皮膚は紫外線や気温変化などの刺激に絶えず晒されています。肌にとっては紫外線量が増えることと同じくらい、気温の高低は負担になります。これらの刺激が強い夏や冬のあとの季節の変わ目は肌が疲労しているため、とくに肌荒れの原因になりやすいと言われています。

肌疲労を少なくするために

マフラーをして首元や腹部などを温めるようにしますこのような肌の刺激を少なくするためには紫外線対策とともに気温への配慮も大切になります。例えば、夏は日焼け止めをこまめに塗り、汗をかいたらすぐに拭き取ることが大切です。汗をかいたままの肌を放っておくとあせもや湿疹などの原因になるからです。また、冬は冷たい風を直接肌に受けないようにマフラーで肌を覆うことが大切です。さらに冷たい外気で血行不良になると新陳代謝が低下し、肌の再生サイクルが遅くなるのでマフラーをして首元や腹部などを温めるようにします。

肌荒れのもう1つの原因は自律神経

季節の変わり目に肌荒れが荒れてしまうもう1つの原因は自律神経の乱れです。自律神経は私たちが意識しないところで体の様々なバランスをとっています。自律神経は体調に関係があるように思いますが、実は肌の調子にも深く関わるものです。なぜなら、自律神経が乱れると睡眠の質に影響が出るため、夜に細胞が修復されることを阻害する要因になるからです。肌は毎日、何かしらのダメージを受けています。紫外線や化粧などの刺激はもちろん、洗顔やフェイスケアですら肌にとっては負担になります。しかし、そのような負担も夜にしっかりと睡眠をとることで比較的素早く解消されています。ところが季節の変わり目に自律神経が乱れことで睡眠の質が悪化すると肌の修復が行われず、ニキビや毛穴の汚れなどの肌トラブルとなって表れてしまうのです。

自律神経は体温をあげると整いやすい

体温をあげるためには有酸素運動や半身浴が有効このような季節の変わり目に乱れがちな自律神経を整えるために必要なことは体温をあげることと睡眠時間を十分に確保することです。とくに体温をあげることは全身の血行をよくして、体全体の機能を向上させるのでとくに有効です。体温をあげるためには有酸素運動や半身浴が有効です。どちらも週に3日、1回1時間以上を目安にすると良いでしょう。とくに自律神経は上半身と下半身の体温の差が大きくなるほど乱れやすくなるので、運動するときには足元を暖かくし、上半身はやや薄着で行う方が望ましいと言われています。そして半身浴は38度以下の温度でじんわりと汗をかくようにすると高い効果が得られると言われています。

季節の変わり目の肌荒れを早く治すには

良質な脂質は肌の調子を整えるために欠かせない栄養素季節の変わり目に荒れた肌を素早く治すためには質の悪い油の摂取を控えて、果物や野菜、あるいは魚などに含まれる良質な脂質の摂取が効果的です。脂質は太りやすいと言われていますが、良質な脂質は肌の調子を整えるために欠かせない栄養素です。良質な油は例えば、アーモンドやアボカド、サバやサンマなどに含まれる脂質です。選ぶポイントはその季節に旬を迎える食材を選択することです。

PR