口元の乾燥を防ぐための保湿・乾燥肌対策法
59views

口元の乾燥を防ぐための保湿・乾燥肌対策法

口元の乾燥が目立つと、メイクがうまくのらないので気になってしまいますよね。秋や冬など湿気が少なく乾燥をする季節は、特に口元も乾燥しがちになります。口元の乾燥を防ぐための保湿対策・乾燥肌対策法についてご紹介しましょう。

口元の乾燥が気になる方への、保湿・乾燥肌対策法

口元の乾燥をなんとかしたい!
口元の乾燥をなんとかしたいと考えられている方へ、保湿・乾燥肌対処法についてご紹介しましょう。人と話しをするときは口元に目がいきがちですよね。乾燥していない口元を目指して保湿ケアをしましょう。まずは、口元がなぜ乾燥するかという理由からみていきましょう。

どうして口元の乾燥は起こるの?

口元の乾燥が起こる理由は、生活習慣によるものと、皮膚の病気によるものの大きく分けて2つあります。

【生活習慣が理由で起こる口元の乾燥】

女性の方は毎日メイクをされる方が多いのではないでしょうか?メイク後の保湿や洗顔の仕方が間違っていると、口元の乾燥を招きやすくなってしまいます。正しい保湿法や洗顔法を勉強して、口元の乾燥を防ぐことが大切です。
洗顔時に口元を洗いすぎてしまうと、皮膚のもつバリア機能が失われてしまうため、口元が乾燥してしまいます。水分を保てなくなることで、カサカサになってしまうため口の周辺が荒れてしまう結果となります。
メイク時に落ちにくい口紅をしているという方も、口元の乾燥が起こりやすくなります。落ちにくい=落とすことが大変なので、洗浄力の高いクレンジングを使ってしまうことにもつながります。洗浄力が高いクレンジング剤は、肌に必要な水分も落としてしまいます。

【皮膚疾患が理由で起こる口元の乾燥】

口のまわりをなめるクセがある方も、水分がうばわれるため乾燥をまねきます。口のまわりをなめてしまうと、舌なめ皮膚炎を起こしてしまいます。子どものクセで多いのですが、口のまわりが乾燥していると、なめて水分を補給しようとするのですが、かえって水分を奪ってしまい症状を悪化させてしまいます。
アトピーをもっている方も、口元が乾燥しやすくなります。口の周りが色素沈着をしているというような場合、アトピー性皮膚炎の可能性が高いため、肌が刺激に敏感になり乾燥してしまいます。

口周りの乾燥対策【食事】

朝食に納豆ごはん!口周りの乾燥を食事で対処する方法についてご紹介します。体内でビタミンB2が不足してしまうと、肌荒れを起こしてしまったり、口内炎などの原因となってしまうので、食事の中にビタミンB2を含む食材を取り入れることが大切です。
ビタミンB2が多く含まれる食材としては、牛や豚などのレバーや、うなぎ、たまごや納豆、のりなどがあります。毎日の朝食がご飯という方は、納豆にのりをかけた納豆ごはんにして食べると良いでしょう。また、夕食には、レバーとたまごの炒め物などでビタミンB2を補給しても良いですね。

口周りの乾燥対策【スキンケア】

口周りの乾燥を防ぐためのスキンケアをご紹介します。

【口周りの保湿ケア】
毎日メイクをされる方は、メイク落としと洗顔の2つで顔の汚れを落としていると思います。メイク落としや洗顔料を使った後の肌は、水分や油分が失われているため、すばやく補給することが大切です。洗顔後はまずはしっかりと化粧水で水分を肌に入れるようにしましょう。そして、乾燥から肌を守るために、乳液やクリームで保湿ケアをすることが大切です。口周りの乾燥がひどい場合は、化粧水を何度もかさねて手のひらであたためて浸透させましょう。乳液やクリームもコットンに含ませて、3分程度おいておくとしっとり肌になりますよ。

【リップクリームやボディクリームで保湿】
唇や口周りの乾燥がひどい場合は、リップやボディクリームで対処しましょう。リップはメントール成分の入っていないものの方が、肌への刺激が少ないのでおすすめです。ボディクリームを口周りにつけるときは、少量をしっかりと伸ばして保湿ケアをすることがポイントです。また、摩擦をすることが乾燥につながるため、余分な油分をふき取る場合は、ティッシュで軽く押さえる程度にしましょう。リップクリームやボディクリームで保湿

 

 

PR