歯並びに悩んでいる人必見!歯並びを良くする方法とは?
89views

歯並びに悩んでいる人必見!歯並びを良くする方法とは?

歯並びを良くする方法を紹介します。歯並びはその人の印象に大きく関係するため、矯正したいと考えている人も多いはずです。また、歯並びを良くすることで口内のトラブルを軽減することができます。では、歯並びを良くするには具体的にどのような方法が行われるのでしょうか?

歯並びを良くする方法

矯正治療

歯並びを良くする方法として真っ先に思い浮かべるのが、矯正治療ですよね。ワイヤーでできた矯正装置を歯に取り付け、長い期間を掛けて歯並びを良くしていく方法です。この方法は、歯並びを良くする方法の中でも最も効果があります。しかし、デメリットが多い方法としても知られているようです。

 

矯正治療矯正治療のデメリットに見た目が挙げられます。矯正装置はワイヤーでできているため、どうしても口を開けた時に目立ってしまいます。このような見た目が気になって矯正治療に抵抗がある人も少なくないはずです。しかし、最近では歯の裏側に付ける矯正装置や目立たないタイプの矯正装置もあります。これらを使用すれば、見た目のデメリットは軽減できます。

更に、矯正治療の費用と期間も大きなデメリットです。子供の場合は50万から60万、大人になると100万円程度の費用が必要になります。歯並びが良くなるとは言え、高額な費用はネックになってしまいます。矯正治療は治療期間が長いことも特徴です。部分的に矯正する場合は3ヶ月から6ヶ月、全体的に矯正するなら1年から2年が目安の期間となります。そのうえ矯正治療には痛みを伴うため、長い期間矯正装置を付けることは大きなストレスとなります。

人工歯による治療

人工歯による治療
虫歯や差し歯が多い人におすすめなのが、人工歯を使って歯並びを良くする方法です。セラミック、ラミネートべニアなどの人工歯を、その人の歯の状態に合わせて取り付けます。

人工歯による治療は、矯正治療と違って短期間で治療が終了します。矯正装置を付けることもないため、比較的ストレスのない方法と言えるでしょう。

マウスピースによる治療

 

歯並びを良くする方法には、マウスピースを使うものもあります。マウスピースによる治療はメリットが多いことから、多くの人に選ばれています。

マウスピースによる治療は、矯正装置の見た目が気になる人におすすめの方法です。透明のマウスピースを使用するため、口を開けた時に目立ちにくいのが大きなメリットです。矯正治療と同じく治療期間は長くなってしまいますが、見た目のデメリットが軽減される分ストレスは少ないと言えるでしょう。

矯正治療では、口内のトラブルが起きやすいと言われています。例えば矯正装置のワイヤーが口の中を傷つけてしまう、矯正装置を付けていることで歯磨きがしにくくなり虫歯ができやすくなるなどです。マウスピースの場合、これらの口内トラブルを防ぐことができます。マウスピースは取り外し可能ですので歯磨きの邪魔にもなりませんし、口内を清潔に保つことができます。

歯並びを良くするメリット

歯並びを良くする方法を3つ紹介しましたが、もちろんそれぞれにデメリットがあります。中でもやはり費用と治療期間が大きなデメリットになる人が多いでしょう。しかし、歯並びを良くすることでこんなメリットが得られます。

歯並びを良くするメリット

まず、歯並びを良くすることで印象が良くなります。これまで歯並びが悪いことをコンプレックスに感じていた人は、歯並びを良くすることで自分に自信が持てるようになります。更に歯並びが良くなることで言葉の発音も改善されます。人と接する仕事に就いている場合、歯並びを良くすることで様々なメリットを感じられます。他にも、歯磨きがしやすくなるため虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

PR