鏡を見るたびに気になる・・・目元の小ジワ予防はどうすればいいの?
13views

鏡を見るたびに気になる・・・目元の小ジワ予防はどうすればいいの?

目元の小ジワを予防したい!人と話すとき、人の顔はどうしても見てしまうもの。だからこそ、顔のシワ、特に目元の小ジワはしっかり予防しておかないと、あなたが老けた印象を持たれてしまいます。いつまでも若い印象を保つためにも知っておきたい、目元の小ジワの予防方法をご紹介します。

目元の小ジワ予防。いつまでも若々しくいるために。

目元の小ジワ予防。いつまでも若々しくいるために。

赤ちゃんには全くない顔のシワ。

シワは25歳あたりから目立ちはじめ、30歳後半から40歳あたりになると、特に目元のシワはいっそう深くなり段々と気になってきます。シワがあることで人の印象は一気に老けたものになってしまいます。

「目元のシワはよく笑っている証拠」と言う人もいますが、それはやっぱりきれいごと。目元のシワがなく、いつまでも若く見られるに越したことはありませんね。

目元の小ジワの予防は早め早めの対策が肝心。適切にシワの予防や対策ができるように、まずはシワができる原因やメカニズムを探ってみましょう。

目元の小ジワの種類と原因、そして予防

目元の小ジワの種類と原因、そして予防

目元の小ジワは、ホウレイ線と並んで、25歳あたりから気になり始めるシワですよね。笑うたびに、泣くたびに、顔の表情をかえるたびに、目元は動きが加わるため、顔のほかの部分よりもシワになりやすいためです。しかしそんな目元の小ジワにもいくつかの種類と原因があります。

紫外線によるシワ

紫外線によるシワ

外的環境が原因となったシワの中でも、特にこの紫外線の影響は非常に大きいと言われており、光老化とも呼ばれています。

紫外線は、皮膚の繊維成分であるコラーゲンなどの成分を著しく減少させ、皮膚の「ハリ」を奪います。そして、それが徐々に「シワ」へと発達していくわけです。

また、紫外線は直接細胞のDNAにダメージを与えるだけでなく、皮膚の炎症を引き起こし、皮膚の老化を促進させる活性酸素を生成するのです。紫外線は真夏でなくても降り注いでいます。シワを少しでも予防するためにも、すぐにでも毎日の紫外線対策はしっかりしておきたいものです。

乾燥によるシワ

乾燥によるシワ

乾燥によるシワは、洗顔後や就寝前など、毎日のスキンケアを怠ったり、間違えた方法をしていたことが原因になるシワです。

簡単には、肌に潤いが不足することが原因のシワですが、これは必ずしも、洗顔後に化粧水などををたくさん使用したからといって予防できるものではありません。

多くの方は、洗顔料でしっかり洗顔したあとに、たっぷりの化粧水で保湿するスキンケアを実践されているかと思いますが、この「しっかり洗顔」が肌の乾燥を奪ってしまっていることも多いのです。

肌の乾燥を防ぐには、肌に本来備わっている潤い成分を守ってあげる必要があります。この成分を損なわないためには、洗顔料を使用せず、ぬるま湯だけで洗顔するのがベストだとも言われています。

表情によるシワ

表情によるシワ

表情によるシワよるシワとは、文字どおり、笑ったときなどにできるシワのことです。

このシワは、毎日の生活の中で避けようのないシワの原因とも言えるでしょう。とある有名な大物女優さんは、表情ジワを予防するために、私生活ではなるべく笑わないようにしているそうです。

しかし、一般人としてみれば、笑顔をなくしてまでのシワ予防もどうかと思いますが、眉間にシワをよせてあまり難しい顔をし過ぎないなど、少しは意識しておきたい点もありますね。

加齢によるシワ

加齢によるシワ

加齢によるシワは、特に太くはっきりとしているシワが多いですね。

加齢による生理的な老化により、皮膚細胞の機能や質が低下していることが原因ですが、分かりやすく言うと、コラーゲンの劣化や減少なども原因の一つです。

しかし、一言で加齢と言っても、その過程では前した紫外線や表情によるものなど、これまでの生活の積み重ねの結果であることはもちろんですね。

まとめ

girl-609697_640

以上のように、目元の小ジワの種類や原因、そして予防は様々です。小ジワ対策は気になったときが始め時。いつまでも若々しくいられるよう、今日からでも小ジワ対策を始めたいものですね。

PR