使い終わったティーバッグでクマを取る方法とは
184views

使い終わったティーバッグでクマを取る方法とは

目の下にクマがあると、せっかくメイクをしても魅力が半減してしまいます。そこでティーバッグでクマを取る方法をご紹介します。やり方は簡単で朝起きた時に冷蔵庫で冷やしたティーバックをまぶたに10分から15分程度当てます。紅茶の中にはタンニンやカフェイン、抗酸化物質が含まれているた血行を改善させてくれます。

ティーバッグでクマを取る方法とは

あのティーバッグが!?

ティーバッグでクマを取る方法

ティーバッグでクマを取る方法は、まず飲み終わったティーバッグを冷蔵庫に入れて冷やしておきます。ガーゼか薄いハンカチなどでくるみ、まぶたに10分ほど当てます。

どのくらいパックすればいいの?

どのくらいパックすればいいの?

ティーパックのパック時間はだいたい10分から15分程度です。ベッドかソファに横になって、まぶたを閉じたまま行いましょう。

効果がある時間帯は?

朝起きてから

ティーバッグでクマを取るベストな時間帯は、朝起きてからです。朝すぐにできるように、冷蔵庫か冷凍室に飲み終わったティーパックを保存袋に入れてストックしておくとよいでしょう。

紅茶のティーバッグが効果がある理由とは?

紅茶のティーバッグをまぶたにおくとクマが取れるのか

何故紅茶のティーバッグをまぶたにおくとクマが取れるのか、その理由は、紅茶の中に含まれているタンニンという物質がまぶたの腫れと変色をおさえてくれる効果があるからなのです。

また紅茶の中には、カフェインと抗酸化物質が含まれています。クマは肌の血行が悪くなった状態であるため、ティーバッグが血行を一時的に回復させてくれるため、クマを取ることができるのです。

紅茶のティーバック以外にもカモミールティーのパックもクマに効果があります。カモミールの成分には、血行を促進してくれる効果があり、ハーブの香りがリラックス効果をもたらしてくれます。

普段、カモミールティーを飲んでいる方は、飲み終わったカモミールティーのパックも冷蔵庫にストックしておくとよいでしょう。

ところでクマはどうしてできるの?

クマには3種類あります。

クマには3種類あることをご存じでしょうか。黒、茶、青があり、それぞれクマができる原因が異なります。

黒クマは目の下の筋肉が衰えることによってできます。改善するには、目の筋肉を鍛えることです。

茶クマは、色素沈着が原因であるため、美白効果のある化粧品を使うことで改善されます。

青クマは、寝不足やストレス、疲労などが原因で起こります。

紅茶のティーバッグが効果があるクマとは?

3種類のクマの中で紅茶のティーバックによるパックが一番有効なのは、青クマです。青クマが続くようなら、かなり身体も疲れている状態です。

青クマができる理由とは

血管が青く見えてしまうため、青クマができてしまう

目の下には、たくさんの細い血管があります。また目の下の皮膚はとても薄いため、寝不足などが続くと、目の下の血液の流れが悪くなってしまい、血管が青く見えてしまうため、青クマができてしまうのです。

早く治すには

たっぷり睡眠をとりましょう

紅茶のティーバックで目の下のクマを取るのは、あくまでも一時的な方法です。早く治すには、たっぷりと睡眠を取ることが大切です。

また身体が冷えていたり、運動不足、パソコン作業が続くと、クマができやすくなるので気をつけましょう。

もしかすると鉄分が不足しているかも

紅茶のティーバッグを毎日しているけれど、また翌日クマができてしまうという方は、身体の中で鉄分が不足している可能性があります。鉄分が不足していると、貧血状態になってしまい眩暈などの症状が現れ、身体も疲れやすくなっています。

そこで、あさりやレバー、ひじき、牛肉など鉄分がたっぷり含まれた食事を取るようにしましょう。

PR