目の下のクマの色は紫、青、茶、黒の4色もある!原因と対処法とは?
644views

目の下のクマの色は紫、青、茶、黒の4色もある!原因と対処法とは?

目の下のクマの色には紫、青、茶、黒あります。加齢によってクマはひどくなりますが、若くても不摂生や不規則な生活によってクマができます。また、若い頃に不健康な生活や飲酒、喫煙などの習慣があると中高年になって、紫色や茶色のクマができる原因になります。改善のためには生活習慣だけでなく食事の改善も必要です。

4つもある!目の下のクマの色

目の下のクマの色には主に4色があると言われています。それは紫、青、茶、黒です。これらのクマは色によって原因が異なり、そのために対処法も異なります。

加齢と内臓の機能低下による紫色のクマ

加齢と内臓の機能低下による紫色のクマ

紫色のクマは加齢により増えると言われてます。原因は肌が痩せたこと、血管の老化、栄養不良が原因です。

また、お酒やタバコなどの生活習慣や不規則な生活によってできる場合もあります。このような紫色のクマは体型の変化の他、肝臓や腎臓などの機能低下が原因である場合が多いようです。

改善のためには体を温める半身浴や、お酒、タバコ、加工食品などの摂取をやめることが効果的です。さらに、野菜や果物の摂取を増やすと、より早期に改善が見込めます。食養生としてはナチュラルハイジーンや菜食が有効です。

不規則な生活と不摂生で生じる青クマ

不規則な生活と不摂生で生じる青クマ

青色のクマは紫色のクマと同じように、不規則な生活や不摂生によってできるクマです。しかし、紫色に比べて病的な原因は少なく、目の周りの血行不良や目の使いすぎが主な原因です。

PCやスマホの見過ぎの他、テレビなどの強い光刺激を長時間浴びたり、睡眠不足などで悪化します。肌が白い人では特に目立ちやすいクマです。

改善のためには目の周りの血行をよくすることが大切です。こまめにマッサージしたり、蒸しタオルで温めることが有効です。また、睡眠をしっかりととることで比較的短期間でクマの色は薄くなります。さらに、濃い色の野菜を中心に、いろいろな食べ物をバランスよく食べることでより早い改善が期待できます。

ホルモンバランスや色素沈着が原因の茶色のクマ

ホルモンバランスや色素沈着が原因の茶色のクマ

一方、茶色クマは改善が難しいと言われています。茶色のクマの原因はメラニン色素の沈着やホルモンバランスの乱れ、アレルギーなど原因が多岐にわたるためです。

茶色クマは30代以降、とくに40代で多くの女性に現れるクマと言われています。紫外線や擦るなどの外的要因によってできる場合は、それらを避けることで悪化を防ぐことができますが、ホルモンバランスが原因の場合には、より根気強く改善することが必要になります。

効果的な方法として女性ホルモンの状態を調べて整えることと、肌の再生を促進するために、ひましオイルを塗って目の周りをマッサージすることが効果的と言われています。朝晩、ひましオイルを塗ることで比較的クマが目立たなくなると言われています。普段の食事では炭水化物の摂取を減らした低炭水化物ダイエットが効果的です。

老け顔を加速させる黒クマ

1c232ef9279f6d5e14ff550579dd312e_s 外国人女性の目 アイメイク まつげ 鼻
加齢によって増加するクマには黒クマと呼ばれるものがあります。黒クマは内的な要因よりも凹凸によってできる影が原因であることが多いと言われています。

単なる影とはいえ、加齢によるくすみとの負のダブル効果で老け顔に見えるクマです。改善のためには表情筋を鍛えることや顔つきを穏やかにすることです。明るい表情は黒クマが目立ちにくくなるからです。

また、目の周りに小じわがあると顔の印象が暗くなるため、目の周りを乾燥させないようにケアすることも大切です。クマを隠そうと化粧を厚めにすると、乾燥はますます進み、その結果小じわが目立ち、より黒クマが印象的になってしまう可能性があるので、黒クマを化粧でごまかすのはほどほどにした方が無難です。

どうしても気になる場合には涙袋やアイシャドーにハイライトを入れて目線を反らせる手法でごまかしましょう。

PR